誇りある被害者 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041753637

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容紹介

    扼殺されて恋人の遺品から出てきたタクシーカード。その名義の人も、三年前にタクシー強盗に殺されていた。二つの事件の被害者が事件を追いはじめた。誇りのために命を賭けられるのか!?

    内容(「BOOK」データベースより)

    櫛田と清子は、お互い結婚を求めない体だけの大人の関係を続けていた。だが櫛田は、次第に清子に愛情を感じ、真剣な交際を望むようになっていった。そんな時、突然清子と連絡が取れなくなってしまった。櫛田が部屋を訪ねていくと、清子の絞殺死体が!?櫛田は警察とは別に、清子の過去を追いはじめるが…!?偶然によって織り成された殺人事件が複雑に重なる、社会派・恋愛ミステリ。

    内容(「MARC」データベースより)

    被害者2人を結ぶ追突事故。怨念、復讐、殺意が渦まく。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    森村誠一 1933年熊谷市生。青山学院大卒。十年に及ぶホテルマン生活を経て作家となる。江戸川乱歩賞・日本推理作家協会賞・角川小説賞を受賞。推理小説の他、歴史小説・ドキュメントにも作風を広げている。2004年には作家生活四十周年をむかえ、日本ミステリ文学大賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1933年熊谷市生まれ。青山学院大卒。十年に及ぶホテルマン生活を経て作家となる。江戸川乱歩賞、日本推理作家協会賞、角川小説賞、吉川英治文学賞を受賞。推理小説のほか、歴史小説や俳句などのジャンルにも創作のフィールドを拡げている。

「2023年 『最後の矜持 森村誠一傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森村誠一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×