天の白骨 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041753712

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容紹介

    ともに駆け落ちした人妻若山なぎさが消息をたった。思い余った愛人の塩川は彼女の夫に報告し、二人の奇妙な捜索が始まった。その時、連続レイプ事件が発生!!なぎさも関係しているのか!?

    内容(「BOOK」データベースより)

    社内不倫の果てに駆け落ちした人妻の若山なぎさが蒸発した。不倫相手の塩川良一は彼女の夫にやむなく連絡。二人がなぎさを捜し始めた頃、東京の狛江市近郊では、若い独り暮らしの女性を狙った連続レイプ事件が発生し、被害者の女性が行方不明となる事件がおきた。そして―、なぎさとレイプ魔には意外な関係が…。やがてAV監督に疑惑がむけられた時、レイプ犯の死体が発見された。社会派本格推理の傑作登場。

    内容(「MARC」データベースより)

    駆け落ちに失敗したOLが消息を断った。夫と情夫との奇妙な捜索が始まる。一方東京では連続レイプが発生、二人は発生地に住む一人の女を訪ねるが、やがて捜索線上にポルノビデオ監督が浮上、レイプ犯の他殺体が発見される。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    森村誠一 1933年熊谷市生。青山学院大卒。十年に及ぶホテルマン生活を経て作家となる。江戸川乱歩賞・日本推理作家協会賞・角川小説賞を受賞。推理小説の他、歴史小説・ドキュメントにも作風を広げている。2004年には作家生活四十周年をむかえ、日本ミステリー文学大賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • とても面白かったです。・・・・結末までは。

    なんだかすごく残念でした。
    ほんとに面白かったのに、最後納得できない事がちらほら。

    なぎさは本当にそんな理由で?
    姫野さん・・・オバカ過ぎ・・・私は何か裏があんのかと思ったよ。
    自白させる為に~とか。
    だから「うそん?!」って言っちゃいました。
    それに あの場面をたまたま勝又が?? ちょっとムリが・・・

    ここに出て来るAVは絶対観たくない

    途中まで面白かったのになぁ・・・

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九三三年、埼玉県熊谷市に生まれる。五八年、青山学院大学英米文学科卒業。ホテル・ニューオータニに勤務し、六七年退社。六九年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、七三年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞、七六年『人間の証明』で角川小説賞、二〇〇三年に日本ミステリー文学大賞、〇八年『小説道場』で加藤郁乎賞、一一年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『運命の花びら』『棟居刑事のガラスの密室』『棟居刑事の黙示録』『戦友たちの祭典』など多数。公式ホームページのアドレスは、http://www.morimuraseiichi.com/

「2018年 『棟居刑事の追跡 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天の白骨 (角川文庫)のその他の作品

森村誠一の作品

ツイートする