結婚の条件 (角川文庫 も 3-74)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041753781

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 松本清張の「黒革の手帖」のように、男を踏み台にしてのし上がっていく女が描かれていますが、黒革ほど邪悪ではありません。テーマは、夫婦のあり方でしょうか。婚姻の様式が多様化する現在、人々が結婚するのはなぜか。
    二組の若い夫婦がメインキャストで、愛し合って結婚したものの、夫婦でいる目的を見失ったカップルと、目的のために結婚して後から愛するようになるカップルの姿が対照的です。
    本書にありましたが、民法で定められた夫婦の義務は、同じ姓を名乗ること、協力し合うこと、同居することだけなんだそうです。ですから、夫婦生活を持たなくてもオッケーですし、食事を共にするのが目的の夫婦もありうるんですって。面白いですね。
    少ない登場人物でコンパクトにまとまっています。「そんなにうまくいかないって」と突っ込みたくなる箇所もいくつかあります。ミステリーとしての面白さは普通。ちょっと文章がくどいですが、不快ではありません。出てくる女性たちが、渡辺淳一の小説のような話し方をして、リアリティがないです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九三三年、埼玉県熊谷市に生まれる。五八年、青山学院大学英米文学科卒業。ホテル・ニューオータニに勤務し、六七年退社。六九年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、七三年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞、七六年『人間の証明』で角川小説賞、二〇〇三年に日本ミステリー文学大賞、〇八年『小説道場』で加藤郁乎賞、一一年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『運命の花びら』『棟居刑事のガラスの密室』『棟居刑事の黙示録』『戦友たちの祭典』など多数。公式ホームページのアドレスは、http://www.morimuraseiichi.com/

「2018年 『棟居刑事の追跡 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

結婚の条件 (角川文庫 も 3-74)のその他の作品

森村誠一の作品

ツイートする