新幹線殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041753804

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルからして、西村京太郎や松本清張か?と思わせるタイトル。あっちならローカル線煮絡めたりするだろうから、新幹線で完結するのなら内容がしょぼくなるだろうというのは予想できよう。実際にそうだからなんとも。

    本筋は、テレビにタレントを売り込むプロダクションのゴタゴタの話で、これがまたつまんない。「一億総白痴化の主役」と森村自身が嫌っているようで、その嫌っているところをもっと打ち出せばいいのに、そこまで突っ込まない。視点がバラバラで最後には色仕掛けという微妙さが漂う。どうせこの作品を書くために、テレビ局やタレントプロダクションについてよく調べたのだろうが、その調べたはずの内容を特に使わず、ゴシップ調で一貫しているのもいかがなものか。

    全体に、誰視点にしたいのかわからぬまま進むのでイライラするのだが、もう一つ難なのは、キーとなる情報が核心すぎて、トリックが途中で読者にバレるのである。

    2つのプロダクションのどちらが黒幕なのか、最後の最後でどんでん返しが有るかも…って無いのかよ!と言いたくなる内容だし、そもそも同期が薄すぎて、思いついたトリックをこれでもかとつなぎあわせただけのプロットで、なんとも薄い。

    いくら大阪万博の前の1969年に書かれているとはいえ、今さらこんなつまらない作品を読む人もほとんどいないだろうから、手に取る人はやめておけというくらいのレビューで終わりとしたい。

  • アリバイ崩し物は個人的には退屈に感じてしまうが、レトロな雰囲気は良かった。

  • 79057.57

    これを読んでいる時に修学旅行。新幹線に乗ることになるとは、なんともグッドタイミング。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九三三年、埼玉県熊谷市に生まれる。五八年、青山学院大学英米文学科卒業。ホテル・ニューオータニに勤務し、六七年退社。六九年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、七三年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞、七六年『人間の証明』で角川小説賞、二〇〇三年に日本ミステリー文学大賞、〇八年『小説道場』で加藤郁乎賞、一一年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『運命の花びら』『棟居刑事のガラスの密室』『棟居刑事の黙示録』『戦友たちの祭典』など多数。公式ホームページのアドレスは、http://www.morimuraseiichi.com/

「2018年 『棟居刑事の追跡 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新幹線殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

森村誠一の作品

ツイートする