棟居刑事の凶存凶栄 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041753866

作品紹介・あらすじ

文芸誌の新人賞を受賞した香山は舞い上がった。早速会社を辞め作家へと転身するが、第2作すら発表できず苦悩の日々を送っていた。ある日、路上で自作小説を売る男・青空から作品を買う。文芸誌に発表したその作品は圧倒的反響を呼び、一躍人気作家になった香山は青空の作品を買い占めた。事情を知った青空は徐々に要求を増してゆくが…。心の闇と不条理が生む7つの完全犯罪を警視庁捜査一課棟居刑事が解く、傑作短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 棟居刑事シリーズの短編集。
    なんてことない日常の風景なんだけど、切り取り方がうまいんだなあ。
    この人は、いつでも安心して読める。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

青山学院大学卒業。
10年に及ぶホテルマン生活を経て作家となる。
1969年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、
1972年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞を
受賞するなど社会派ミステリーの
第一人者として活躍する。
2004年日本ミステリー文学大賞、
2011年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。
推理小説、時代小説、ノンフィクションまで
幅広く執筆するなど著作数は400作を超える。
2005年に出版した「写真俳句のすすめ」で
写真俳句の提唱者として広く認知される。
写真俳句連絡協議会の名誉顧問を務め、
写真俳句の普及と後進の育成に取り組んでいる。

「2021年 『表現力を磨く よくわかる「写真俳句」 上達のポイント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森村誠一の作品

ツイートする
×