棟居刑事の悪の器 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 28
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041753897

作品紹介・あらすじ

梅雨明け迫る豪雨の夜、都内で轢き逃げと女性の絞殺事件が発生した。手がかりが少なく暗礁に乗り上げた捜査陣に追い打ちをかけたのは、近くの新興宗教の元本部施設で絞殺死体が発見されたとの情報だった-。3つの事件を結ぶ見えない糸を手繰るほどに、人間の欲望のすべてを包む巨大な器・東京の構造悪が浮かび上がる。悪の狩人・棟居刑事は、いかにして「悪の器」を踏まえて笑う犯人を追い詰めるのか?傑作長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東野圭吾にくらべてあっさりとした推理小説でした。淡々と事実が明らかになっていくので、ドラマチックでないぶんリアリティーがでているかも。最後の種明かしもあっさりとした供述で締めくくっている。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

青山学院大学卒業。
10年に及ぶホテルマン生活を経て作家となる。
1969年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、
1972年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞を
受賞するなど社会派ミステリーの
第一人者として活躍する。
2004年日本ミステリー文学大賞、
2011年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。
推理小説、時代小説、ノンフィクションまで
幅広く執筆するなど著作数は400作を超える。
2005年に出版した「写真俳句のすすめ」で
写真俳句の提唱者として広く認知される。
写真俳句連絡協議会の名誉顧問を務め、
写真俳句の普及と後進の育成に取り組んでいる。

「2021年 『表現力を磨く よくわかる「写真俳句」 上達のポイント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森村誠一の作品

ツイートする
×