旬のスケッチブック (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041754030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • それぞれの月々の旬の食べ物をめぐるエッセイ。もっとも、12月のようにクリスマスケーキのようなものもあるから、あくまでも短歌的な感性で選ばれているのだろう。篇中の短歌は概ねわかりやすいものだし、お母さんのコメントを含めて軽快なタッチ。万智さんは、12月31日の生まれらしく、お誕生日にはいつも年越しそばを食べて(食べさせられて?)いたというのは、微笑ましくもおかしい。

  • 食いしん坊には楽しい本。旬にまつわるエッセイ、母のコメント、短歌と評でなる。今まで読んだ俵万智の著作で最も教師的。

  • 牡蠣を大根おろしで洗うなんて……今度やってみよう

  • おいしいものがいっぱいな本。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

俵万智(たわら まち)
1962年大阪府生まれの歌人。同四條畷市、福井県武生市で育ち、福井県立藤島高等学校を経て早稲田大学第一文学部に入学。
1986年『八月の朝』で角川短歌賞受賞。1987年『サラダ記念日』を刊行し、空前の大ヒットとなる。他の歌集に『かぜのてのひら』『チョコレート革命』『プーさんの鼻』『オレがマリオ』など。他の著作に『愛する源氏物語』『俵万智訳 みだれ髪』など。2018年に『牧水の恋』を刊行。

俵万智の作品

ツイートする