海の短篇集 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.36
  • (19)
  • (29)
  • (111)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 378
感想 : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041762042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 装幀で買った本!
    短編好きなので!
    ホームラン!
    年間何回読むことか〜

  • 海を舞台にした12編からなる短篇集。もともとはラジオ番組用に書かれたもので、一話一話がとても短かったそうだ。それに加筆して、出版となった。ちなみに単行本のタイトルは「透明な地図」。
    さわやかなタイトルと装丁にだまされるが、これはなんとも不可思議で、ちょっとぞぞっとする短篇集だ。海辺の町にやって来た主人公が、不思議な石を拾ったり、黒魔術にかかったり、“人の魚”を釣ってしまったり…。とにかくどれも信じられない出来事に遭遇するのだが、中でもあやしい雰囲気を醸し出しているのがその土地の人々だ。彼らはなにくわぬ顔で現れては、主人公を非現実の世界へいざなう。

  • とてもよかった。
    話に出てくる場所と似たような所で読んだらちょっとゾクッとしそうです。

  • 筆者にはまっていた時期(~2004大学時代の本@202012棚卸)

  • サラッと

  • 1997年6月読了。

  • 良い。
    ライトだが、この著者ならではのうまみがある。
    巧くて、美味い。

    もともとはラジオ用の原稿だったそうな。
    バカンスに、南の島に、夏のお供にこの一冊。
    行ったことないけど。

  • 南国の海を舞台で起こる謎めいた不可思議な出来事を集めた短編集。
    一編一編が短いのでさらっと読めます。
    がこれを南国のビーチサイドやプールサイドで読んだら少し怖くなるかも…

  • 不思議な話。ホラーではない。

  • 異国の南国の海に纏わるショートショート。すぐに読める。暑い熱帯の中で一瞬鳥肌がたつような。ジェットストリームというラジオでの朗読用に書かれたお話をまとめたものだそう。成長する石、岬にいた少女、贋のビーチがよかったかな。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。大学卒業後コピーライターとなり、1984年『おまえと暮らせない』が第8回すばる文学賞に入選する。その後、小説・エッセイ・戯曲と幅広い分野で活躍。絵本や翻訳にも挑戦し、著書に『ぜつぼうの濁点』『イノック・アーデン』(訳)『し』『私は好奇心の強いゴッドファーザー』『見たことも聞いたこともない』『劇場の神様』『彼の人生の場合と彼女の人生の場合』『小林秀雄先生来る』『たまげた録』『醜い花』(新装版)『メメント・モリ』『やや黄色い熱をおびた旅人』『〆太よ』などがある。

「2021年 『スメル男 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原田宗典の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 宗典
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×