屑籠一杯の剃刀―自選恐怖小説集 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.17
  • (3)
  • (7)
  • (33)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 97
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041762080

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 短篇集です
    「恐怖小説」などと書いてるけど,原田宗典にたぶんガチの怪奇現象みたいなのは書けない.そういうわけで,「いやな音」はあんまりおもしろくない.「いわくつき」の「いわく」を具体的に読者に想像させないと怖がれない.
    原田宗典が書くのはそういうのじゃなくて,もっとドギツイ程の人間っぽさ.一番最初の「ミズヒコのこと」がまさしくそれ.「ポールニザンを残して」なんかは,ムリにホラーとしてのオチを付けなければ,ほんと,サリンジャーの短編みたいですごく好きだった.
    最後の「屑籠一杯の剃刀」はいずれも葉介なる人物が年齢を変えて主人公として登場するいくつかの物語.最後の「西洋風林檎ワイン煮」は世にも奇妙な物語で見た.ほかは,正直意味がわからなかった.

  • エッセイでは明るく楽しいムネノリ氏も、短編小説家・原田宗典となると、一味違う。

    テイストとしては、「世にも奇妙な物語」みたい。
    不可思議で謎なストーリーに、ぐいぐい引き込まれます。
    短編小説と言うこともあり、一度読み始めると、その話を終えるまで、止めれないww

    とりあえず、「西洋風林檎ワイン煮」は、秀逸かと。

  • 原田宗典自選恐怖小説集。

    「恐怖」ではなくその一歩手前の「奇妙さ」を書いたという筆者あとがきの通り、
    人間が存在し、社会の中で生活をしてゆく上で生まれ、静かに膨らみ、そして気づかぬうちに
    確かに存在している「奇妙さ」を読者にありありと感じさせる作品が選ばれ、連なっている。

    人間って怖い。

  • ショートショート。
    タイトルに興味を引かれて購入。

    『ミズヒコのこと』が印象的。

  • ポール・ニザンを残して が一番好きかな。表題作はイマイチ切れ味が悪いような気がする。奇妙な話という感じ。      
    「ミズヒコのこと」「削除」「ポール・ニザンを残して」「空白を埋めよ」「いやな音」「屑籠一杯の剃刀」

  • やっぱりこの人の文章好きです

  • 原田宗典がホラー?
    原田先生といえば、テンションの高いエッセイが多いが、ホラーというより、奇妙さに満ち溢れた小説も読む価値あり。

    この中の一篇が20歳の頃に書いたものだという。
    うーんやはり才能というのは
    若いうちから出てるんだろう。

  • あからさまな痛み、そして見えない違和感、何処かしらずれた雰囲気、それらが炙り出す恐怖。叫びだすようなものではなくて、背中がぞわぞわとするような。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1959年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。大学卒業後コピーライターとなり、1984年『おまえと暮らせない』が第8回すばる文学賞に入選する。その後、小説・エッセイ・戯曲と幅広い分野で活躍。絵本や翻訳にも挑戦し、著書に『ぜつぼうの濁点』『イノック・アーデン』(訳)『し』『私は好奇心の強いゴッドファーザー』『見たことも聞いたこともない』『劇場の神様』『彼の人生の場合と彼女の人生の場合』『小林秀雄先生来る』『たまげた録』『醜い花』(新装版)『メメント・モリ』『やや黄色い熱をおびた旅人』『〆太よ』などがある。

「2021年 『スメル男 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原田宗典の作品

ツイートする
×