夜の青空―第二詩集 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041765029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あまりドラマや映画を見ないので、女優としてよりも詩人としての黒木さんのほうが好き。谷川俊太郎が好きでずっと書き続けていたそうだ。私が初めて読んだのはこの詩集だが、これは第2弾。第1弾は「長袖の秋」だ。

    いま、本が手元にないが「僕のどこを切っても涙の味がする」とか「月の明かりで日焼けして」など、非常に断片的だけど忘れられない詩句がいくつもある。 

    この詩集にまとめられているのはもっと若い頃のものだろうから、いまも書き続けているとしたら、いまの黒木さんの詩も見てみたい。

全1件中 1 - 1件を表示

黒木瞳の作品

ツイートする
×