罪深き緑の夏 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.63
  • (6)
  • (7)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041785027

作品紹介・あらすじ

12年前の夏、"蔦屋敷"と呼ばれる熱海の洋館で、淳は白いドレスの少女百合に出会った。幼い少年の日の、謎めいてエキゾチックな邸での記憶そのまま、今、淳の目の前に百合が居る。兄の婚約者として、事故で動かなくなった体を横たえ眠っている-。画廊の火災を発端に度重なる災厄、死までも華麗な舞台装置とし、耽美な物語世界を独得な個性で描く。森村誠一氏、夏樹静子氏絶賛の、横溝賞受賞女流の長編ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天野喜孝×服部まゆみ、妖美さのハーモニー~

  • 読み終わったけどラストが???なので、よみなおし

  • 『罪深き緑の夏』というタイトルと、天野喜孝氏のイラストが鮮やかなカバー。そして、著者は服部まゆみ。これだけでも、一体どんな耽美な物語が待ち受けているのか、期待が高まる。非日常の夏休み、蔦が生い茂る洋館、白いドレスの美少女――。出だしから心を掴まれる。

    内容は「謎解き」を含むものであるが、ミステリとカテゴライズするのは違うように思う。人物描写や人間関係に重点が置かれているから、というだけでなく、「誰の心が最も病んでいるのか」というところが大きな謎になっているから。

    業の深いというか、ひと癖もふた癖もある人物や芸術家ばかりが登場する。彼らが織り成す昼ドラさながらのどろどろ劇が、服部まゆみさんの手にかかると美しく妖しいものに。

  • 遠く、夏にいるような、いたような、すぐそばにあるような。でも、別の世界の事のような。絵画の事を齧っていれば、猶更、内容の美しさに深く入り込めるはず。

  • 甘美な、耽美な世界観に、どっぷり浸かれて、蒸せかえるような華々の香りが厭と言うほどしてきます。

    謎解きは、一瞬よく分からなくて読み返したりしたのだけれど、何と無くでしか理解できず、否、そういうものなのかと思い直しました。
    何だか僕には複雑で、絡まった糸を解す余裕もないまま終わってしまって(苦笑)

    最後あたりの"あんなものが何になろう……"って言葉が痛々しくて、甘くて、すき。

  • 熱海の山中の蔦屋敷と呼ばれる洋館で出逢った美しい少女:百合。12年後の夏、画家となった「僕」は彼女と再会する。
    いばら姫、ラプンツェル、青髭、洋館の塔のフレスコ画、愛憎。
    火事や幼児の失踪といったミステリはほんのちょっとした味付け。
    本書に登場するバーン・ジョーンズの絵のような妖しく美しい世界を堪能するための物語。

    近藤史恵さんの「薔薇を拒む」を読み、洋館の美少女という共通点から10年ぶりに再読。
    「……」の多さが気にならなくもない。

  • 文が綺麗ですね。おもしろかったです。

  • 服部まゆみ第2作。

    1作目より随分と文章は読みやすくなり、イメージが鮮やか。
    「筋読めてるよね? 切るよ」と言われているような、ばさりと切り捨てられたであろう枝葉末節を読んでみたい。

  • (((( ゚Д゚)))ガクガクブルブル

  •  服部まゆみ追悼読書の第二弾。むせるような夏草の匂い、幼いころ心奪われた洋館の美少女、白皙で異端の作家、ジル=ド=レイ、そしていばら姫とラプンツェル、、、。背徳の妖しい香りがたちこめる、ただただひたすらに耽美で妖艶なゴシック・ロマン。謎解きの要素が用意されてはいるものの、そんなのは些細なこと。作者の美意識がそこかしこに散りばめられた人工的な美の世界に、酔いしれればいい。好き好き大好き。  なぜ私が服部まゆみ作品が好きなのかと言うと、結局は、私も大好きなものがたくさん詰まっているからなのだと、この作品を読んで悟ったわ。ああ、服部さん、、、、涙。その服部さんが今はもういないなんて、、、、涙。 たぶん私、服部作品でこの作品が一番好きだわ。

全12件中 1 - 10件を表示

罪深き緑の夏 (角川文庫)のその他の作品

罪深き緑の夏 (角川文庫) Kindle版 罪深き緑の夏 (角川文庫) 服部まゆみ
罪深き緑の夏 単行本 罪深き緑の夏 服部まゆみ

服部まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
服部 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

罪深き緑の夏 (角川文庫)はこんな本です

罪深き緑の夏 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする