邪宗門の惨劇 (角川文庫―角川ミステリーコンペティション)

著者 :
  • 角川書店
3.53
  • (2)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041789087

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1.5hほどでさらっと読めた。
    人間、話してみないとわからないことなんて、たくさんあるよね。

  • 朝比奈耕作シリーズ。

  • レビューはブログにエントリーしています。
    お手数ではございますが、下記のサイトにてお待ちしております。

    明窓浄机
    http://blog.livedoor.jp/tikikiyo3/

  • 北原白秋の『金魚』の見立てをもとに朝比奈耕作ら三人が館に閉じ込められ殺人が起こっていくという話。真相は悲しく、実際に起こっても可笑しくないんじゃないかと思えるとても深い話でした。

  • 一風変わったミステリでした。今の中学生にぜひ読んでもらいたい作品。何とも言えないラストに涙が出ました。せつないです。人間という生き物について、生き方について考えさせられる作品です。精神的に追い詰められいく「館に閉じ込められた三人」の緊張感、恐怖感がとてもリアルに描かれていました。

全5件中 1 - 5件を表示

邪宗門の惨劇 (角川文庫―角川ミステリーコンペティション)のその他の作品

吉村達也の作品

ツイートする