哀しき檸檬色の密室 (角川文庫)

著者 : 吉村達也
  • 角川書店 (1996年2月発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041789155

哀しき檸檬色の密室 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そこは赤と黄色の部屋だった!

    衝撃的な呼び込み文。

    前作『薔薇色』の後を引き継ぐ今作。

    しかし、読み進んでいってももやもや感が残る・・・・
    何がどう、とか詳しくは言えないが【汗】。

    主人公のたいした活躍がある訳でもなく、かといって強烈な惨劇が起こる訳でもない。

    そこまで言うと語弊があるかもしれないが・・・

    そして、事件は最終章へと続いていく・・・のか?

  • 読みやすい文章なのは変わらない。あまり後味のよい話ではなく、消化不良に終わった感じでした。3部作ということなので続編も読んでみようと思うのですが…登場人物たちに関しての感想を言うと、警部のひろみへの接し方が気持ち悪く感じた…。この本はセクハラという社会的な問題を取り入れた話になっていますがどうも彼も微妙な線をいっている。「部下」ではなく「一人の女」としての目線と物言いに。
    それから、作者は「可愛い」とか「かっこいい」という言葉なしで人物の魅力を書くのが苦手なんだと思う。24歳の刑事が真相を暴いている最中に「そうじゃなくってー」とか「うん、いいよ」とかの受け答えもちょっと子供じみてる気がする。毎回ひろみが一人でパーっと全部解決していくため(今回除く)フレッドと警部はいらないんじゃ、と思ってしまう。キャラの魅力が感じられないのが残念。ただ「レモンの意味」は勉強になりました。

全2件中 1 - 2件を表示

哀しき檸檬色の密室 (角川文庫)のその他の作品

吉村達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

哀しき檸檬色の密室 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする