「香港の魔宮」殺人事件 (角川文庫―ワンナイトミステリー)

著者 : 吉村達也
  • 角川書店 (1995年8月発売)
3.23
  • (1)
  • (1)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 31人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041789537

「香港の魔宮」殺人事件 (角川文庫―ワンナイトミステリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 友だちって、その時期その時期の自分のレベルにあった人を選ぶべきなのよね。だから自分のレベルが変わったり、相手のレベルが変わったときは、友達関係はそれでおしまう。友情は永遠なんて、そんなのは感z年に幻想。
    人間にはその人特有の魔宮というものがある。

  • 再読。
    トリックはともかく、中国返還前の香港の様子とともに、事件解決に至る過程がとても面白かった。

    2013.11.27
    再読。1995年の作品
    角川文庫の企画本 ワンナイト ミステリー・シリーズ 290円也
    ナイトキャップ代わりに1〜2時間で読める中編推理。

    なぜか好きで何回となく読んだ作品。
    香港旅行中の日本人女性が行方不明になる話から始まる。
    1997年、イギリスから中国への香港返還前の時代。今のうちに香港へ行っておこうという旅行者、賑やかで刹那的な香港の様子が表れている。

  •  トリックとか、最後、犯人にそれを突き付ける、そのやり方はおもしろかったけど、登場人物の比重がバランス悪い気が…。
     バランスが悪いというか、登場人物がみんな主人公みたいに書かれてて、よく分からなくなる。
     そこまで重要な人物でない人でも、まるで主人公のように書かれてて、かなりページ数も割いてるし。
     だから、読んでるうちに、「あれ?」てなる。

  • ワンナイトミステリシリーズのはず

全5件中 1 - 5件を表示

「香港の魔宮」殺人事件 (角川文庫―ワンナイトミステリー)のその他の作品

吉村達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

「香港の魔宮」殺人事件 (角川文庫―ワンナイトミステリー)はこんな本です

ツイートする