踊る少女 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.17
  • (6)
  • (8)
  • (50)
  • (8)
  • (0)
  • 本棚登録 :118
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041789599

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 踊る少女と11037日目の夫婦はホラーというよりなんだか奥さんがかわいそうで悲しい気持ちになった。うちの奥さんにもおんなじ思いさせてんのかなぁって思いました。
    もっと奥さんに優しくしよう。

  • ホラー小説を読みたくて借りたが、どちからかというと、日常にある恐怖を描いている。そのため、どれも後味わるー。

  • 角川ホラー月間、そろそろ一旦終了にしようかと思います。そしてこちらはホラーというか、ミステリ。

    「オカルトよりも人が恐い」系の短篇集で、全体総じて、それほど怖くないです。というのも、全体に作者の中でのルールが設定されているものが多い。

    例えば遠い遠い親戚が「俺が親戚だったら迷惑だろう」と脅してきたり、結婚詐欺確定なのに逃げられないなど、普通に考えたら逃げられないわけではないのだけど、作者の中では逃げられないルールにいるわけだ。

    良かったのはストーカーの話と、子供向けとして、子供が嘘をつく話、それと親戚が脅しに来る話。もちろんそれぞれ、作者ルールに目をつぶった上でという前提で、まあまあの出来かな。

    どれも森村誠一の劣化コピーという話なので、ストーカーの話を中編くらいに広げたら、そこそこ面白くなるんじゃないでしょうか。

  • どこまでも追いかけてくるストーカー男と、新婚旅行についてくる気色悪い鬼姑が怖かった。

    それにしても吉村達也氏の書くホラーは題材は良いのに残念なものが多い。ひとえに人物描写が適当すぎて恐怖に感情移入できないからだと思う。ステレオタイプな亭主関白夫やらヒステリー女やらがよく登場するが、みなあまりにも現実的でない思考をする上に自己中心的すぎてついていけないのだ。

  • 短編集。
    一番最初のモナリザの微笑を読んだ時、思わず自分の顔も試してしまった。
    読みやすい。

  • 「夫婦」「親子」といった家族関係を主題にしたホラー短編集。いずれも保守的な小市民根性を嘲笑うような内容で、怖さと同時にある種の痛快さやシニカルなユーモラスさが感じられて、とても面白かった。

  • ホラーと言うより、ただ単に胸くそ悪い話を集めただけって内容。

  • 短編集。面白かった。

  • 「夫婦」関連する物語の短編集。あまり興味あるストーリーではないが、吉村達也さんらしく、人の怖さ、それに不気味さを加えたような感じで書いていて面白かったです。

  • 非常に読みやすくておもしろかった。すべてが結婚にまつわる、オカルトなしのサイコホラー。私は結婚に懐疑的なのでたいへんおもしろく読めたけど、結婚に希望を持っている人はやっぱり「こんなの幻想よねー」とか思いながら笑って読むのだろうか。
    そんな私も「息子を溺愛する老いた母親」の怖さはわからない。吉村達也はこのテーマ大好きだよねー。書きやすいなにか理由があるのだろうか・・・。
    「11037日目の夫婦」と「踊る少女」は、単純にホラーとしておもしろかったなあ。

全15件中 1 - 10件を表示

踊る少女 (角川ホラー文庫)のその他の作品

吉村達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

踊る少女 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする