「あずさ2号」殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041789605

作品紹介・あらすじ

八時ちょうどの「あずさ2号」で私は私はあなたから旅立ちます-狩人が歌う「あずさ2号」が大ヒットした1977年の4月、当時13歳だった朝比奈耕作少年は話題の特急「あずさ2号」に乗って旅に出た。それから19年の後、朝比奈はその列車が終点に着いたとき、男の死体が発見されていたという衝撃的な事実を知る。しかも殺人の容疑者は同業の推理作家・尾身弘之!しかし、松本-白馬間を走る列車内で事件が起きた一時間後、尾身はすでに横浜で仕事をしていた!この鉄壁のアリバイを朝比奈耕作はどう解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レビューはブログにエントリーしています。
    お手数ではございますが、下記のサイトにてお待ちしております。

    明窓浄机
    http://blog.livedoor.jp/tikikiyo3/

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

小説家

「2015年 『白骨温泉殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「あずさ2号」殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

吉村達也の作品

ツイートする