ケータイ (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (2)
  • (11)
  • (54)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 146
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041789636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 吉村達也版 『着信アリ (http://booklog.jp/item/1/4041745144)』という話。

    立て続けに、女子高生、女子中学生が7人惨殺される。その惨殺の際には、別の被害者のケータイに電話がかかり、殺人模様が中継される。また、ある被害者の家族は、父親の謎の病気に悩まされる。「その原因はケータイにある」と主張する、新聞社の奇人高沢は、一体何を知っているのか…。

    という、まあ子供向けの怪談ですね。極端なキャラクター設定のお陰で、わかりやすいのだけれどもストーリーが広がらなくなり、意味ありげに新聞社という場を用いたせいで、怖さが全く感じられなくなっているのが難点。

    最終的に、ケータイ(作品に合わせている表現)を通じて、乗り移り感染(?)していくあたりは、秋元康の作と似ている。また、秋元作よりもおそらく3年ほど前にかかれているようで、2000年ごろのケータイ(恥ずかしくなってきた)の用語や常識が、ことごとく今では使えなくなっており、先見の明がなかったと感じてしまうのは致し方ないか。

    ただねえ、全てにおいて、キャラクターの設定がうまく行っていないため、怖さというよりは、コミカルな作品になっている。高沢のキャラクター必要ですかね?読者を混乱させるためだけの変人で、ストーリーをメチャクチャにしているだけってのが残念すぎる。

    犯人も途中で薄々気づくだろうし、最終的なオチも、ショートショート並みに凡庸。お約束といえばそうなんだけど。

    吉村達也は、携帯電話を毛嫌いしているのか、それともこのへんでビジネスチャンスがあると感じたのか、シリーズのようにあと2作も同じような本を書いているらしい。が、これを読んだら手に取ることはないだろう。

    秋元康よりも3年ほど前に着想し書いた、という以外、全く褒めるところの無い本である。子供向け。

  • 高沢公生、最後が残念だったけど、生き方がカッコ良かったです。

  • 怖いというより気持ち悪い

  • 大好きな角川ホラー文庫です♪
    ホラーの王道って感じの作品ですね。
    映像化してもホラーの王道な作品になるんじゃないかな。
    なのですごい!!と驚く事もないしラストに驚愕する事もないんだけど現代の必需品である携帯電話をテーマにしてるので
    親近感のあるストーリーにはなってるかな。
    まぁ、ケータイがテーマのホラーも結構あるけどその中でも王道って感じで(笑)
    起承転結の仕方も王道で(笑)

  •  現代、誰もが持っているケータイについて問題を提議し、特集を組もうとしていた夕刊ニッポン編集部。しかしながらそんな企画もすっとんでしまう程の事件が起こった。【ケータイ生中継連続殺人事件】である。被害者は全て女子中高生であり、ケータイを通じて友達の殺される様子を生中継して聞かせるという異常事件であった。

     ケータイの電波に脳がのっとられるというホラーだったが、根底には昔のいじめの恨みというものがある。ケータイが普及したことによって、さらにいじめられる側は孤独を味わうことになったという。いじめた本人だけではなく、それを産んだ母親や、育てた父親なども被害者に。それを追いかける夕刊ニッポン編集部の人間にも異変が起きるわけだが、高沢という人物の描写がものすごく怖い、というかえぐい。最後も、ホラーらしい終わり方だったなぁ。

  • 結構面白かったです!!
    犯人が最後の最後まで分からなかった。
    怖かったし・面白かったし・分からなかったし。 意外な犯人だったしで
    うん。 面白かったデス☆☆

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    「いたいっ!いたいよー!やだ、死にたくなーい!」16歳の高校生・関口葉月のケータイに真夜中かかってきた電話は、ナイフで刺し殺される同級生の大絶叫!女子中高生に標的を絞り、断末魔の叫び声を携帯電話越しに他人に聞かせて喜ぶ史上最悪の行為に耽る謎の連続猟奇殺人者。日本中のケータイっ子たちを恐怖のどん底に突き落とした悪魔が、ついに自分の近くまでやってきた!葉月は親友の千春に助けを求めるが、次の生け贄はすでに葉月と定められていた!書き下ろし。

  • 初めて自分で買った吉村さんの本。これ買う時題名見て、着信アリとケータイをごっちゃに考えてた。全然違うのに。

  • 携帯電話・・・

  • どんでん返しで、でもお約束なホラーミステリーでした。この小説で一番印象に残ったのは高沢のキャラと『ケータイ』のキャラ。両方とも非常にむかつくタイプでした。
    「着信アリ」もこんな感じなんですかねぇ。面白かったですよ。ただ、千春の一家の扱いがかなり微妙。一歩間違うと、千春にかかわる部分を全部抜き取っても話が通じてしまいます。
    そのへんを除けば、いい小説だったんではないでしょうか。映画にしてもいけそうですけどね。

全13件中 1 - 10件を表示

ケータイ (角川ホラー文庫)のその他の作品

吉村達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする