マタンゴ―最後の逆襲 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.32
  • (6)
  • (12)
  • (19)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 95
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041789872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世代的に特撮映画が好きで「続編」が書かれたとなったら読むしかないでしょ!というノリだけで600ページにも及ぶ量を無事読破。
    原作となった映画作品が「怪奇変身モノ」だったのに対して、本書はホラー風味のSF作品となっての続編構成。
    それでも原作映画版のプロットは大切に扱われており、原作映画の「ツッコミどころ」のフォローもちゃんと有る所など作者のただならぬ『愛』を感じる。さらにまた往年のマタンゴマニア(笑)への「くすぐり」もサーヴィスとして付与されており、マタンゴ怪人がアクションヒーロ物の適役怪人全とならずに、あくまでも最初の「怪物」と言うスタンスを守り切ってくれたことでオールドファンの私も素直に楽しめた。

  • 映画化してもいいんじゃないかという感想……はなからそれが狙いか?
    マタンゴという往年のモンスターを引っ張り出しながらも、実際は恐怖よりも人間ドラマの方に重点が置かれているようにも思う。

  • 昔の映画のノベライズ?
    全身からキノコが生えてくるシーンとか、ゾクッとする

  • 久しぶりに吉村作品、★5つです♪
    途中でやめられなくなり、、一気に読んでしまいました。
    途中、何度も自分の顔とか腕をさわって確かめました。。
    キノコは生えていないって。。
    それくらい、臨場感と言うか、、リアル感があり、、気持ち悪かったですが。。
    でも、最後はどうなるんだろう。。と一気に500ページを読破。
    この小説は、昔の映画【マタンゴ】の後日譚として書かれたものらしいです。
    映画を観てからだったらもっとよかったのかもですが、、映画を観ていなくても、充分楽しめました。
    バイオテロ、、細菌兵器、、実際にありそうです。。

  • -

  • 映画マタンゴは、大変魅力的な映画である。東宝SFの最高傑作と言っても良いだろう。その続編を書いた小説の存在を知り、正直嬉しかった。反面、その世界観を理解できぬ作家に、ぶちこわされるのではという不安も強かった。読後感としては、後者に近い。
    話の条件をちりばめ、謎を見せていく序盤から中盤の課程は面白い。なかなかに、わくわく出来た。やはり元の映画が好きなだけに、後話には興味が湧くから期待が高まる。
    しかし後半は2時間テレビサスペンス的。海沿いの岸壁に関係者勢揃いの謎解きに近い。。台詞での説明が饒舌。おそらく作家のスタミナが切れたか、出版社の求めるページ数に収めるためか、創作能力の欠如か。そのすべてによるものかもしれない。
    映画化して欲しいという底意も見える。続編ありげな種をまくところが、物欲しげだ。
    マタンゴ化する人間に対して、妙に人道的視点を向けようと言葉を弄するのだが、結局は化け物扱いのまま。ご都合主義だ。
    マタンゴの発芽のごとく、後半に向けてボロの胞子が咲き乱れる。
    3分の2まで読んで本を閉じ、二度と開かない。先は自分の想像力で創るのが、私のお薦めである。

  • 映画見たくなった。見てなくても楽しめたけど、見てたらもっと楽しめたのかも。

  •  かの名作映画の続編的な展開。
     前半で滲み出る恐怖感はなかなかのものでありましたが、「国家の陰謀」で片付けられるとなんか気持ちが萎えてしまいました。
     「恐さ」が一気に半減するのも然ることながら、オリジナル映画が人間の醜さを描き出していることに比べると、そのエゴを国家に拡大することで結果として何も描ききれてないような。
     それにしても、久々に映画を観たくなってしまいました。

  • 人間がキノコになっていく恐怖小説。
    こわい。そしてキノコの描写がキモい。
    そして結局人間が一番怖いという締め方。映画になりそうな話。

  • 40年近く前、オリジナルの映画がテレビで
    放映されているのを見てしばらくシイタケが
    食べられなくなるトラウマになりました。
    作者もマタンゴのトラウマ世代というすね。

    そして大人になってまたマタンゴの続編を読めるとは。
    マタンゴへの愛すら感じる一編でした。

    夕食にブロッコリーのサラダが出た。
    、、、、、似てる。

    2008年02月07日

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家

「2015年 『白骨温泉殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉村達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする