それでもいいと思ってた―13のラヴ・ショート・ストーリー (角川文庫)

著者 : 木根尚登
  • 角川書店 (1998年2月発売)
2.80
  • (0)
  • (2)
  • (18)
  • (3)
  • (2)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041794067

それでもいいと思ってた―13のラヴ・ショート・ストーリー (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔、いちど読んで、手元に置いておきたい本としてたのが不思議。
    今あらためて読むとまったくもってつまらない本だった。

  • TM Networkで彼が作る曲や詞のようにやさしいラブストーリー短編集。「1974」は高校生カップルの交換日記。誰にでもある恥ずかしくて甘酸っぱい思い出が頭を過る。

  • ・人は誰だって、何かに導かれるように、恋をしたり、愛を感じたりするんでしょ。理屈じゃない何かに導かれて人を好きになるわけで、理屈では説明できないから幻なんですよ、きっと。
    ・誰かの不幸と引き換えにしないと、私の幸せが手に入らないとは思わないけれど、誰かを傷つけても愛したい人がいるのも幸せだと思っています。

  • 知らずに読んだんですがこのひと音楽のひとだったんですね。
    展開読めるしだらだら台詞ばっかで話が続くしで合わなかったみたいで読むの挫折しかけました

全5件中 1 - 5件を表示

それでもいいと思ってた―13のラヴ・ショート・ストーリー (角川文庫)のその他の作品

木根尚登の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

それでもいいと思ってた―13のラヴ・ショート・ストーリー (角川文庫)はこんな本です

ツイートする