鉄槌! (角川文庫)

  • 角川書店
3.30
  • (0)
  • (7)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041795040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すごく勉強になった。
    ①裁判にはできるだけ一生関わりをもたない方が良い。
    ②権威のある職についている人だからといって信用しない(これは何度目かになる認識改め)
    ③上と同じことだけど、専門家だからといって、自分の疑問など遠慮しない。
    ④人は自分を守る為なら、平気で嘘をつく(これも何度目かになる認識改め)
    ⑤上の別見地で、人は事実を確認しようとせず、自分の信じたいことだけを信じる。
    ⑥民事訴訟では、裁判費用は自分もち。(裁判に勝ったとしても負けた側から裁判費用を取れない)

  • 324?

  • 蔵書整理のために再読
    いしかわじゅんの本はおもしろい。悪口シリーズの本もおもしろいが,本書もとても読みやすい。
    いしかわじゅんは,裁判手続きをかなり正確に再現していると思います。
    作者が自ら書いているように,もう少し自分から弁護士に連絡をとってもよかったとは思いますが,それにしても,これほど依頼者と打ち合わせをしない弁護士は今時少ないのではないかと思います。
    ちなみに,裁判官への悪口は直接言っていないし(不満はありそうですが),最後は,判決ではなく和解で終了しています。後書きの高橋源一郎や他のレビュアーの方も,せっかく作者が正確に書いているのですから,そのあたりはきちんと読んだ方がよいのではないかと思いました。

  • もう四半世紀前になるだろうか「法律で時代を読む」と前置きのついた「ワトソン JAPAN」という雑誌があって、その連載記事。ワトソン自体が早々に廃刊になってしまったので、後が気になりつつも、しばらく忘れていたのだが、これでやっとまとめられたものを読めた。
    ろくに話もきかずFAXのみでのやりとりとか弁護士のいい加減さにおどろいた一冊。

  • 宝島はまだ印税を払ってなかったのか。

  • 漫画家さんの裁判記録。
    事件の始まり具合のいい加減さ、弁護士のいい加減さ、
    判決のいい加減さが奇妙に絡まって、裁判というのはおかしなモノだな〜という印象を受けた。

  • 裁判ってこんなものなのか。驚いた。いしかわじゅんさんのことはまったく知らなかったけど、なんとなく興味があって読んでみた。
    十数年前の裁判の話だけど、とんでもないことがあるものだなと思った。訴えた旅行会社の対応がありえないし、いしかわさんの言ってることがうそじゃないのかって疑いたくなるくらい意味不明な出来事。世の中にはこんなにいい加減な人物がいるのだな。
    とくに読んでて印象的なことは、弁護士の文章表現の稚拙さを指摘するところ。はじめから読んでいっていると、ところどころに小さく(はじめはルビを振ってるのかと思った)、カタカナの「マ」と書いてあったところがあった。それが、実は校正者が訂正すべきとしていたものであったらしく、自分もそれに気づかないってことは、まだまだだなって思った。私もわかる語彙を増やしたいな。
    で、いしかわさんは、文章が稚拙な弁護士は、適正がないのではっておっしゃっていて、それは、言葉のしごとだからっていうことでした。それはそうだと思った。弁護士はサービス業だともおっしゃっていて、なるほどとも思った。なんとなく弁護士はえらいって思ってしまうけど、みんながみんなすごい人っていうこともないのだろうな。

  • 話も面白いし、民事裁判の流れがよくわかると思う。

  • 昨年読んだ不条理な法廷闘争を綴ったノンフィクションを紹介。

    漫画家、いしかわじゅんは厳寒の山中、夜行スキーバスに置き去りにされる。

    後続のバスに拾われ事無きをえるのだが、置き去りにしたバスの

    運転手も乗務員も謝罪しようとしない。

    怒りの余り当の旅行会社をエッセイ漫画で批判すると逆に「謝罪」を

    求められ「名誉毀損」で訴えられる羽目になる。



    雇った弁護士はちゃんとした連絡をよこさない、必要書類の日本語が変、

    しばらくすると当の弁護士がいつのまにか別人に!

    旅行会社は都合のいい嘘ばかりを主張し、その場にいなかった「証人」まで出現する。

    怪しい人物が続々と現れるし文庫のための新章で登場する

    「偽証人」の正体など良く出来たミステリー小説を読んでるかのような迫力。

    なお、この本に出てくる関係者はなんと全員実名だそうである。

  • 民事裁判顛末記。相手との係争過程も面白いが、裁判と弁護士のいいかげんさに驚く。裁判所も御多分に漏れず司法関係者のために存在するのだなぁ。

全10件中 1 - 10件を表示

鉄槌! (角川文庫)のその他の作品

鉄槌! 単行本 鉄槌! いしかわじゅん
鉄槌! (角川文庫) Kindle版 鉄槌! (角川文庫) いしかわじゅん

いしかわじゅんの作品

ツイートする