キリコのドッキリコ―みぢかなところにキケンがいっぱい (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.92
  • (1)
  • (0)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041799024

作品紹介・あらすじ

誰か教えて、カニ缶って、どうやって食べるの。正月休みだっていうのに、ひとりカニ缶相手に大奮闘。さてさて、その戦果はいかに…?「"勇気、根性、努力"が私の源よ!」本人は、いたって真面目(のつもり)。なのに(あるいは、だから?)彼女の行く所、事件続発。私達を摩訶不思議な異空間へといざないます。大好評「キリコのコリクツ」に続く、異色エッセイ、第2弾。巻末に、漫画家とり・みきとのただならぬ"イターイ"対談、おまけつき。キリコ・ワールドの強大な引力に、御注意。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漫画家玖保キリコさんのエッセイ本。

  • 軽い読み物・・・シニカルな漫画を描くくせに,滑稽なことをする。

  • 変わってておもしろい。
    昔この絵、流行ってたよなぁと懐かしい気持ちになる。【平成16年11月3日・古105】

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

漫画家。東京都出身。1996年渡英。イギリス人の夫、息子とともにロンドン在住。代表作に『シニカル・ヒステリー・アワー』(白泉社)、『いまどきのこども』『バケツでごはん』(以上、小学館)など。また、『キリコ・ロンドン』『中級キリコ・ロンドン』『ロンドン丼』(以上、角川書店)などのエッセイもある。CDのジャケットなども手がけ、自身の漫画作品をアニメーション映画にした「シニカル・ヒステリー・アワー」の監督も行う。 また『アノヨカラハナヨ』『ぼくはロンどん』の電子コミックも発売中。三菱電機エコチェンジのために「いまどきのこども」をwebで連載中。ロンドンのエブリーナ小児病院のインテリアのためのイラストも手がける。
ブログも読める公式HP「玖保倉庫」
http://www.kubokiri.com/



「2014年 『ヒメママ 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キリコのドッキリコ―みぢかなところにキケンがいっぱい (角川文庫)のその他の作品

玖保キリコの作品

ツイートする