N・P (角川文庫)

  • 2141人登録
  • 3.41評価
    • (146)
    • (196)
    • (617)
    • (45)
    • (14)
  • 218レビュー
著者 : 吉本ばなな
  • KADOKAWA (1992年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041800034

作品紹介

97本の短編が収録された「N・P」。著者・高瀬皿男はアメリカに暮らし、48歳で自殺を遂げている。彼には2人の遺児がいた。咲、乙彦の二卵性双生児の姉弟。風美は、高校生のときに恋人の庄司と、狂気の光を目にたたえる姉弟とパーティで出会っていた。そののち、「N・P」未収録の98話目を訳していた庄司もまた自ら命を絶った。その翻訳に関わった3人目の死者だった。5年後、風美は乙彦と再会し、狂信的な「N・P」マニアの存在を知り、いずれ風美の前に姿をあらわすだろうと告げられる。それは、苛烈な炎が風美をつつんだ瞬間でもあった。激しい愛が生んだ奇跡を描く、吉本ばななの傑作長編。

N・P (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  毎年夏が来ると必ず読み返してしまう。哀しいような切ないような、夏が始まってから秋が始まるまでのひとつの物語。
     自分について、自分が今感じていることについて、家族の歴史について、一冊の本について、移り変わる季節について、傍らにいる者について、失ってしまったものについて…。人は、一瞬一瞬、様々なことを考えながら、時を重ねていく。そのことを意識化し再確認するために、毎年この物語を私は読み返すのかもしれない。そしてまた、夏という特別な季節が私にそうさせる、のかもしれない。

  • 再読。ばななさんの初期作品は、なぜこんなに圧倒的にその世界へ引き込まれてしまうのか。ある真夏の空間で、刹那的な翠の存在に、あっけらかんとした咲の明るさに、静かだけれど「起こったことのすべてが、なにもかもが美しい」ラストに、やられてしまった。

  • 10代の頃に読んだ時には、よく分からなかった。
    死にたいという気持ちがそんなに身近にあるなんて、
    想像できなくて、怖かった。

    30代の今は、そういうことも受け入れて読める。

    あの時、私はまだまだ子どもだったし、
    吉本女史も若かったのだと思う。
    文体がとがっている。
    でも、インパクトはでかい。

  • 『N・P』という98の短編小説。作者自身が自殺し、そして訳に関わった者が3人自殺したいわくつきの小説…
    その自殺した訳者の1人を恋人に持っていた風美は、作者高瀬の双子の子どもたちに出逢う。

    いつもばななの小説は重い内容を含んでるけどこれは特に重い
    レズビアン、自殺、近親相姦…
    この雰囲気が好きか嫌いかは別として、この人の小説は矛盾なくて好き。
    今回はキーパーソンのすいを好きになれなかったから話としてさ微妙だと思っちゃったけどね

    『恋をしているものどうしにさえそんなことがあるというのを噂には聞いていた。でもそんな虚しいことが現実にありうるなんて、その時の私はまだ知らなかった。遠い砂漠の物語のように、はるかにかすんだ世界で昔起こって、もう決してありえないつらいお話しなのかと思っていた。そういう楽園に、自分だけは住んでいるつもりでいた。』

  • 危うさに人は惹かれるけれど、
    わたしは、
    健全を選ぶ勇気をつけていきたい。
    そう思います。

  • 97話の短編からなる「N.P」という英文小説。
    それを書いた本人も、翻訳に関わっていた人もみな自殺。
    「呪われた小説?」
    N.Pに関わる4名を描いた作品です。


    彼女の小説は色に溢れている気がします。
    中でもN.Pは、総じて青い小説。
    「哀しい予感」の青を、煎じて詰めたような青。

    ミステリーとしてよりも、ばななワールドを楽しむ本だと思います。
    「近親相姦」「不倫」「シンパシー」「死」etc・・・
    テーマは深い。けれど、重くない。

    小説全体に漂う薄暗さ、退廃的なところ、夏の匂いが好き。
    ちょうど、読んだ時の自分のトーンとぴったり合いました。

  • 夏!!

    夏のにおいと、死のにおいは正反対みたいでそっくりなのかもしれないと思った。
    夏特有のあの焦燥感、ときめき、切なさ、そうゆうのぜんぶ詰まってて、たまらなくなる。
    吉本ばななの小説ってほんとに『色』がついているみたい。

    限りなく透明な、深い、夜のあお。

  • 夏が好きで、大好きで仕方ない風美とは気が合うと思う。絶対に。

    物語は意味を持ってそこに在って、人はやっぱり物語を生きている。

    麻薬的な中毒で何かに惹かれてしまうことは、ものすごく素晴らしくて、ものすごくバカバカしくて、ものすごくエネルギーがいる。

    それは呪いにも似てるのかもしれないけれど、真っ直ぐな思いが黒く染まってしまわない様に、心を強く持っている人でいたい。

  • 再読。夏になると読み返したくなる。
    空が高くて影が濃い日中の電車内、薄青い夕闇に暮れた部屋で見る夢みたいな話。

  • なんとも言えない。萃が側にいたら、私は間違いなくそっち側に引っ張られる。

全218件中 1 - 10件を表示

吉本ばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

N・P (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする