うたかた/サンクチュアリ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (68)
  • (128)
  • (381)
  • (13)
  • (6)
本棚登録 : 1103
感想 : 137
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041800065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • はじまりがとてもすき。
    恋は海の底。
    青い、かなしい、嬉しい。

    恋と家族の話。
    嵐が小学生の頃に書いた話、覚えてた!
    ばななさんを読むと、あの頃に戻る。

  • 非常に良かった!とても静かな文章なのだけど、運命が動く瞬間?がズバっと切り取られてる感じ。
    素敵なことばがあったので引用する。「人を好きになることは本当にかなしい。その他の色んなかなしいことまで知ってしまう。果てがない。(そばに)いても淋しい、いなくてももっと淋しい。」

  • 20年くらい前の話だけど、新鮮に感じた。あまりこういうとのを読んでこなかったからだろうけど。
    言葉の選び方とか、繊細なのに鋭利。

  • 20151107

  • どんな本でも、出会うタイミング、読むタイミングにより、受ける衝撃、感想が違ってくる。

    1度目に読んだときは、幼すぎて、想像力が足りなかった。2度目は、このみずみずしく繊細な感性に感じ入るには、大人すぎた。

    吉本ばななの代表作、息子は読んだ本の中で2番目に好きという(ちなみに1番も吉本ばなな)。勧められて読み返し、読む時期が違えば…と残念に思う。

  • 人をすきになるとばななさんの文章が読みたくなる。
    えも言われぬ感情を、ことばという枠に上手に当てはめてくれるから。
    言語化すると、きもちがすとんと軽くなる。
    若気の至りと言われているけど、私はこの勢いのあることばの選び方が結構すき。
    それにしても、人魚。名付けという概念を覆しすぎでしょ。濁音はできるだけ避けたい。などと思う。

    ーーーーーーーーーー

    かけ値なしの、そんな感情を私は他人に対して初めて抱いた。何のフィルターも、余分な気持ちのごちゃごちゃもない、まっさらの感情。
    嵐といると、私は自分が生物だと、思えた。そんなことを今までの人生で実感したことはない。私はこの気持ちを見極めたい、と思った。じっくりと見極めたいと。

  • 父に新潮版を盗られたので購入。
    何度も何度も読み返している。
    私の死生観は、ばななさんの作品に多大な影響を受けていると思う。

  • 好き嫌いがわかれる本なのかもしれない。でもこれも本当に何回も読んだ。そしてなぜか心のどこかが救われたように感じる不思議。決して大事件があるわけでもない。
    恋のような、それ以前のふんわりした決して結ばれるのかそうでないのかわからない終わり方。うたかたもサンクリュアリもどちらかと言うと禁断まではいかないにしても、もっと曖昧な進むべきか引き返すべきかの微妙な関係。それでも文章の隅々にみずみずしさと、希望や絶望がないまぜになった空気が読み取れて、想像できる楽しみが広がっていた。
    毎日の些細な積み重ねが、恋というものに繋がることもある。さみしいのか、必要としているのかされているのか、本当に偶然やらタイミングやらで道がいくつにも分かれていく。行間を楽しめる、私にとってはそんな作品。

  • どちらもどこか悲しいけどやさしい。

  • ばななさんの本はいつも、私の心の中にスッと入ってくる。どこかの自己啓発本みたいに読者に何かを諭すこともなく、見知らぬファンタジーな世界に連れていくこともない。より日常に生きる人間に沿った物語が多く、その中で人間が感じる心の脆さだったり、幸福感だったりを描いている。だからばななさんの本を読むと私はいつもちょっと立ち止まってしまう。別に嬉しくも哀しくもなく、ただただ物思いにふけってしまう。それだけばななさんが私に与える影響は大きい。

全137件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。以後、88年「ムーンライト・シャドウ」で泉鏡花文学賞、89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、95年『アムリタ』で紫式部文学賞、2000年『不倫と南米』でドゥマゴ文学賞を受賞。海外での評価も高く、イタリアで、93年スカンノ賞、96年フェンディッシメ文学賞「アンダー35」、99年マスケラダルジェント賞、2011年カプリ賞の4賞を受賞。

「2021年 『「違うこと」をしないこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉本ばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本ばなな
よしもと ばなな
吉本ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×