お年頃―乙女の開花前線 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041801017

作品紹介・あらすじ

せっかく女の子に生まれたんだから、楽しまなくては損ってものだわ。肩の力を抜いて、平凡さに胸をはりましょ。女の子生活全開お愉しみエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者が高校生から大学生にかけての
    人間関係や、学校での様子を
    時には毒づきながら思い返しています。
    女子高の世界を見た事がないワタシには
    おもしろいの一言につきます(笑)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1966年東京都生まれ。高校在学中から雑誌にコラムを発表。立教大学社会学部観光学科卒業後、広告会社勤務を経て執筆専業となる。2004年『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。『男尊女子』『子の無い人生』『女子と鉄道』『源氏姉妹』『枕草子REMIX』『an・anの嘘』『オリーブの罠』など、現代世相の分析から古典エッセイまで著書多数。

「2018年 『百年の女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

お年頃―乙女の開花前線 (角川文庫)のその他の作品

酒井順子の作品

ツイートする