世界衣裳盛衰史(よのなかはきぬぎぬのうつろい) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.83
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 42
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041804094

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表題『世界衣裳盛衰史』と、ビートルズについてのパロディ「伝説の展開図―偽ビートルズ伝」の2話が収まっている。先に後者が載っていて、それわ読んだ。結構面白かった。でも、前者のお話はだめ。徹底的にダメ。有名なファッションブランドについて、文体模写の手法にて書かれていて、たとえばイヴサンローランについて夏目漱石の文体で語る、というもので全然面白くない。というか何を書いているのかさっぱりわからん。最後の、椎名誠の文体でアルマーニを語ったもの以外は「カス」です。でも、それもやたらと「わし」をい使った一人称が多用されているだけで、シーナ兄ぃファンのわたしに言わせれば、もう最低の出来でなのである。絶対に読まんでよし本です。きっぱり!(あっ、だれも読んでないか。よかったよかった)

  • 新規購入ではなく、積読状態だったもの。
    2012/4/4一日で読了。
    15年ものの積読本。ビートルズの歴史のパロディ「伝説の展開図ー偽ビートルズ伝」、ファッション界の九人の偉人達を九人の有名作家の文体を真似て綴る「世界衣裳盛衰史」。後者は清水さんの真骨頂だが、ココ・シャネルの夏目漱石、アルマーニの椎名誠しか分からなかった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年愛知県生まれ。愛知教育大学教育学部国語学科卒業。1981年『昭和御前試合』でデビュー。1986年『蕎麦ときしめん』が話題となり、独自のパスティーシュ文学を確立する。1988年『国語入試問題必勝法』で第9回吉川英治文学新人賞を受賞。2009年、名古屋文化の神髄紹介とユーモアあふれる作風により第62回中日文化賞受賞。『永遠のジャック&ベティ』『金鯱の夢』『虚構市立不条理中学校』『朦朧戦記』等著書多数。また西原理恵子との共著として『おもしろくても理科』『どうころんでも社会科』『いやでも楽しめる算数』『はじめてわかる国語』などがある。

「2021年 『MONEY 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水義範の作品

ツイートする
×