笑説 大名古屋語辞典 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.24
  • (1)
  • (4)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041804124

作品紹介・あらすじ

その特殊性を指摘されて久しい"名古屋"。他の地域とは、大きく異なる文化をもつ。生活、思想も独自の道を歩み、独立国であるかのようだ。本書は、その点を踏まえ、名古屋独特の言葉、行事、食べ物、その他あらゆる領域を取り上げている。などと書いていると、とっても真面目な辞典のようだが、漫画、写真が並び、ギャグもふんだんに入ります。楽しくて面白くてためになる。名古屋を知るためには、必携の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 名古屋文化、言葉、習慣、地名、食など名古屋弁でおもしろおかしく書かれている。例文もよくできている。気軽に読める。名古屋地域に今までその期間の9割を住んでいる私でもわからない言葉もあり、勉強になった。「もろ」は名古屋弁が起源だったとは知らなかった。読んだ本書は平成10年に初版出てすでに3版重ねただけのことがある。2015年時点では愛知万博から10年たち名古屋もいろいろ変わった。辞典は改訂が宿命である。

  • 名古屋へ行く時に借りようと思っていた本。すっかり忘れた。

  • 実々虚々。そして底力、名古屋国に栄光あれとふと祈る。

全3件中 1 - 3件を表示

笑説 大名古屋語辞典 (角川文庫)のその他の作品

清水義範の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする