てっぺんで月を見る (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (2)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041813010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 沢野さんの登った山の話。
    岩登りや外国の山々の話もあり、専門用語や山の名前がわからなかったりしたが、山登りの描写はわかりやすく読みやすかった。
    アイガーの滑落の話は怖かった。
    助かって本当に良かったと思った。
    山は滑落が本当に怖いですね。

  • 本棚を整理していて発見。

    最初に読んだ当時はあんまり印象がなかったけど、最近山に興味が湧き出したせいかこういうエッセイが異常に面白く感じます。

    山に取り憑かれた人の本って面白いですね。なんで海(というか海中)に関しては面白い本が少ないのかか?いまだに不思議。海中だと会話ができないし、体験している時間も1時間程度だからかなのかな?謎だぁ。山もいいですね。

  • 1997年6月読了。

  • 080604(c 080630)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

沢野ひとし(さわのひとし):1944年愛知県生まれ。イラストレーター、エッセイスト、絵本作家。第22回講談社出版文化賞さしえ賞受賞。著書に『中国銀河鉄道の旅』(本の雑誌社)、『人生のことはすべて山に学んだ』(角川文庫)、『ジジイの片づけ』(集英社クリエイティブ)、『真夏の刺身弁当 旅は道連れ世は情け』(産業編集センター)ほか多数。絵本に『だんごむしのダディ ダンダン』(おのりえん 作/福音館書店)、『しいちゃん』(友部正人 文/フェリシモ出版)など。

「2021年 『そらと うみと ぐうちゃんと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沢野ひとしの作品

ツイートする
×