法然 十五歳の闇 下 (角川文庫ソフィア)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041815076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下巻では、法然の思想形成後の経歴と、後世への影響が論じられています。

    法然は、源信の『往生要集』を論理的に分析すると同時に、彼自身の思想を強く読み込もうとしました。それが、念仏において「観念」よりも「称名」を重視する発想です。こうした法然の強い信念は、『選択本願念仏集』にも見いだされています。

    声を上げ、名を称えることが念仏の要だと強く主張した法然は、叡山を下りてみずからの思想を広く世間に問う生き方を選びます。

    著者は、その後の法然の受難の背後に、天台座主を務めた慈円と、その兄で法然のもとに帰依した九条兼実の対立があったとする見方を提出しています。

    末木文美士の「解説」では、本書の魅力と従来の研究との違いについてのわかりやすい説明があり、たいへん参考になります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

梅原 猛
哲学者。『隠された十字架』『水底の歌』で、それぞれ毎日出版文化賞、大佛次郎賞を受賞。縄文時代から近代までを視野に収め、文学・歴史・宗教等を包括して日本文化の深層を解明する〈梅原日本学〉を確立の後、能を研究。

「2016年 『世阿弥を学び、世阿弥に学ぶ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

法然 十五歳の闇 下 (角川文庫ソフィア)のその他の作品

梅原猛の作品

ツイートする