君はなぜ泳ぐのをやめるんだ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.96
  • (1)
  • (3)
  • (18)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 48
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041832059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バブル終焉後の主に女性達の短編集。
    一つの時代が終わった後の物悲しさや切なさ、次の時代に立ち向かう姿が書かれている。
    そこかしこにシャネルだのバーキンだの出てくるのが懐かしい。
    (図書館)

  • どれも哀しく切ない話だった。心を強く締め付けるような痛みや、心を切り裂かれるようなずきずきした痛みはなかったけれど、心を静かに穏やかに侵食していくような、そんな哀しく切ない物語ばかりだった。読み終えた私の心は、小さな穴がいくつもぽこぽこと開いていた。

  • 初読から10年近く経っているのではないでしょうか。最近、この10年くらいに読んだ本を再読しているのですが、一度好きになった文体とか流れって好きなままなんだなというのが嬉しいです。そして、好きなままだけど着眼点が変わることにびっくりします。

    時代はバブルの終焉後。筆者いわく、「素晴らしく輝いていた」時代の女性たちの姿が力強く描かれています。一つの時代の終わりの物悲しさと今の世相に似通ったものを感じたり…。夢や望みに終止符を打って歩き出すときの女性の強さやしぶとさが切ないお話です。大人になって読み返すことができて良かったと思います。

  • 後に残らない感じです。

  • なんか読んだことがある感じでした。短編なんですね・・・。題名がすっごく好きなんです。

  • 短編小説。
    タイトルからして「挫折!」「負け!」のイメージがありましたが、なんだかホトリ。。という気分にさせられる。小さいけど大きくて。大人ってこういうことなのかも。と思った。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1962年、北海道生まれ。北海道大学農学部卒業。90年『結婚しないかもしれない症候群』がベストセラーに。2003年『海猫』で島清恋愛文学賞受賞。著書に『余命』『黒髪』『尋ね人』『大沼ワルツ』等多数。

「2017年 『チャイとミーミー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷村志穂の作品

ツイートする