変奏曲 (角川文庫)

  • 角川書店
3.35
  • (12)
  • (17)
  • (58)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 180
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041835036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ペニスとヴァギナの話を、無計画に書けば「衝撃的な文学」と称され、ふつうくらいに書けば「艶やか

    な文体」と称され、計画的に書けば「ポルノ小説」と称され、ていねいに書けば「ロマンス小説」とな

    り、ぞんざいに書けば「恋愛小説」となる。』※姫野カオルコ 著【不倫(レンタル)】より

    以前、姫野カオルコの【不倫(レンタル)】を読んだとき、物書きを目指す僕としては、この一節に妙に

    納得し、深く共感した記憶がある。

    それを踏まえた上でこの【変奏曲】は何小説か考えてみるが、非常に難しい。

    艶やかな文体であり、ポルノとロマンスの間。いや、ポルノと呼ぶにはかなり距離はある。ポルノという

    よりエロティカ。エロティカよりもエロティシズム。つまり、肉体的欲求はもはやたいした意味を持た

    ず、精神的な欲望をどうやって処理しようかという方面に重きを置く。他に方法が思い浮かばないから男

    女は抱き合うのであって、他の方法があるならばそっちで結ばれてもかまわない。

    しかし結局のところそんな方法は見つからず、男と女は抱き合うしかないのである。

    姫野カオルコの作品は哲学です。

    【変奏曲】は洋子と高志という双子の姉弟の禁断の愛の物語である。4章にわたる物語だが、4つの章は

    それぞれ違う時代であり、4つの短編という読み方もできる。双子の姉弟という設定はすべてに共通する

    ものだが、それぞれの時代でふたりの置かれた環境や立場は異なる。だが、微妙にすべてがリンクしてい

    るように時間軸を絶妙に操る文章はさすがである。

    血の繋がった双子の姉弟だからこそ作りだせる空間。双子の間で交差する強烈なサディスティックとマゾ

    ヒズム。ただの男と女の関係ではないからこそ生まれる重苦しい切なさと泣きたくなるほどの快楽と甘美

    な世界。

    著者はあとがきでこう語る。

    「女の人ならいくつになっても夢みる完全なる《おはなし》の世界を一度、綴ってみたかった。男の人が

    読んでもちっともおもしろくないやつを一度、やってみたかった」

    なぜ男が読んで面白くないだろうと想像したのだろうか。おそらく、文章から滲むエロスのデティールが

    男性が好む(望む)ポルノ的要素ではないからだろう。紡ぎ出されたのは、確立したエロティシズム。

    その辺の安いエロビデオと一緒にしちゃいけません。これは、立派にはっきりと「文学」です。

  • 双子の姉弟の、時代を超える近親愛。っていう内容に惹かれて購入。短いからちゃんと読み終えたんだけれど、わたしにはまったく合わなかったです。お話は幻想的かもしれないが、エロ描写がほんとに合わなくてムリだった…

  • TA・N・BI……!!耽美です。
    ページの向こうに繰り広げられる空気が濃密すぎてむせそうです。
    果物が熟れに熟れて腐る本当に一歩手前というか、一秒手前くらいの香りと空気に満ちております。

    表現も官能的で美しく、風景描写までもが何かエロい。
    「ツ、イ、ラ、ク」読んだ時は、文章すげー読みにくいなあ、と思ってたけど、これは書き方全然違うんだね。
    あれわざとだったのか。そうか……。プロってすげえな。

    双子の姉弟が現在・過去・未来に渡ってまで、お互いを求め合う(しかも血の繋がりという深ーい深ーいとこから濃く強く)話なので、ダメな人は本当ダメかも。
    ちょいSM要素あるし。
    大正~昭和初期あたりは普通に読めたけど、羊歯の章で高志が洋子の経血吸って飲み込む描写はさすがに「うっ」ってなったわ……。

    双子だからこそたどり着ける境地なのかなあ。

  • 洋子と高志、双子の姉と弟。
    性別は違っていても、同じ時間に同じ母の腹から生まれた双子には、二人にしかわからない神秘と親密さをもっていた。

    話が古い!女学生とか貴族とか。
    で、話が4つほどあってどれも状況が違っていて話がつながらないし謎、って思ったけど、あとがき読んで納得した。

    それぞれ独立したいろんなバージョンの洋子と高志の話し。
    ただのエッチな話し…ぽい。淡々としている。
    下妻物語の、名字忘れたけどなんとか野ばらを思い出した)^o^(

  • エロいのは分かった。でも時間を越える意味がワカラン。

  • 愛はどんな時代でも変わらず繰り返される。

  • 読み終わった後、ライラックの花だけ妙に印象に残った…。
    中学生の自分が読むにはちょっと難しかったと思う。

  • masochistishな香り。人にはお勧めできない。こっそり読むべきだ。奇妙なメロディを繰り返す変奏曲。

  • 愛し合う姉弟がいろんなシチュエーションで登場するというちょっと変わった短編集。けっこうエロいです。

  • 2010/01/24.

    色は全然違うが、若干恩田陸「ライオンハート」を思い出した。
    こういう、ちょっとした禁忌ものはすきです。
    えろてぃしずむを加速させるために必要なのは、背徳感。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

姫野 カオルコ(ひめの かおるこ)
1958年、滋賀県甲賀市生まれの小説家。青山学院大学文学部卒業。大学在学中から雑誌ライターとして活動。大学卒業後、画廊勤務や事務員アルバイトを掛け持ちしながら小説を執筆。1990年、持ち込み原稿から刊行された『ひと呼んでミツコ』で単行本デビュー。 
『ツ、イ、ラ、ク』『ハルカ・エイティ』『リアル・シンデレラ』でそれぞれ直木賞ノミネート。そして2013年『昭和の犬』で直木賞受賞。その他代表作として、映画化された『受難』など。

変奏曲 (角川文庫)のその他の作品

変奏曲 (角川文庫) Kindle版 変奏曲 (角川文庫) 姫野カオルコ
変奏曲 単行本 変奏曲 姫野カオルコ

姫野カオルコの作品

ツイートする