駅の名前を全部言えるようなガキにだけは死んでもなりたくない (角川文庫)

制作 : 戸田 ツトム 
  • 角川書店 (1992年10月5日発売)
3.53
  • (9)
  • (11)
  • (24)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :92
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041836019

作品紹介

ポルノのように猥褻で、童話のように純粋。ワイルドでカッコよく、ワガママだけど憎めない、3代目魚武浜田成夫待望の第1詩集。

駅の名前を全部言えるようなガキにだけは死んでもなりたくない (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  タイトルだけ見ると、「なんだか凄そうな本だなぁ」と思うかもしれませんが、詩集です。濱田さんは何冊も詩集を出していますが、まぁ、だいたいどれも同じ内容です。その中で、僕のお気に入りのこの一冊がこれ。とにかく自分が大好きで、自己中で我がままな言葉の数々。その中に垣間見える、純粋な子供のような素直な言葉。日々、変わらぬ生活をしているアナタにオススメの一冊です。

  • 詩。たとえば『金魚すくい.』。俺は死にかけの/金魚を/ねらったりしない/
    …とか。少年の心意気と恋と勢いあまった後のポッカリ空いた瞬間なんかを、そのまんま詩にしている。ベタな関西弁と東京弁(?)を気分次第で。普通の詩と違ってスルスル読める。ウルフルズの歌詞なんかのように。

  • アホな詩集の再読。
    無駄に元気が出るね。

  • インパクト!
    詩人という職業はこの人のためにあるのかなと一瞬錯覚する。

  •  個人的には「きみが前の彼氏〜」の方が好き。最近恋愛ものが好きだからかしら。
     こっちの方が、熱さの方向性が啓発的?な感じ。

  • この人に会ってみたい。

  • (個人的には)まじめな詩も多く、やりたいことをやらなきゃ損な気分になる。これは買う。いつか買う。

  • 青春時代の迷い1

  • 1996.6.6

  • パンク&お馬鹿&ロマンチシズム。男だから出来る生き方もあるわけだ。これが魂からにじみ出せば一人前、と個人的に思っている。女だけど。

全11件中 1 - 10件を表示

三代目魚武濱田成夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

駅の名前を全部言えるようなガキにだけは死んでもなりたくない (角川文庫)に関連する談話室の質問

駅の名前を全部言えるようなガキにだけは死んでもなりたくない (角川文庫)はこんな本です

ツイートする