自由になあれ―三代目魚武 浜田成夫 (角川文庫)

著者 : 浜田成夫
  • 角川書店 (1993年9月発売)
3.71
  • (11)
  • (14)
  • (26)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :105
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041836026

自由になあれ―三代目魚武 浜田成夫 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かっけー。まじかっけー。
    これぞ自由。ふりーだむ。
    あー。
    こんなはちゃめちゃな日本人いるんだ。
    楽しそうな人生だ!
    あたしも自由に生きるぞ!!!!!

  • 三代目魚武 浜田成夫の若い時の話
    まあ格好ええわ

  • 自叙伝。
    人は強く望めばここまで願いがかなうものなのか。
    その行動力と自信に驚き、幸運をひきつけてしまうパワーはものすごい。

  • 須磨に来るってゆうから何年か振りにパラパラと読んだ。やっぱかっこい〜わ!なんていうか、生きる上でのパワーが半端ないよね。

  • 自分を讃える為だけに書き上げた自叙伝。

    男は、将来何になりたいかわからなかったが、世界一かっこいい男になりたかった。
    かっこいい男とは、どういう奴かわからなかったが、自伝を出す奴はかっこいいんから出せるんじゃないかと思った。
    それなら自伝を出せる奴になろう!

    そんな、シンプルで気持ちの良い真剣なお馬鹿っぷりが炸裂します。

    男は、自分の欲望に忠実に、それを叶える為に行動をする。

    自分にとっての幸福を見つけるわけではなく、幸福から自分を見つけてくれるように行動し日々を過ごす。

    すると、面白いように欲望がどんどん現実に叶うようになる。

    どんな哲学書や自己啓発系書物を読むよりこれ1冊で十分じゃないかと思えてしまう程、人としてシンプルなストレートな生き方が書き綴られています。

    男気も満点です!

    憧れずにはいられないです!

    さぁ、みなさん。自由になあれ!

  • かっこいい!!
    この人ほんとにアホだなぁ〜と思ってしまうが、それでもかっこいい。
    ごちゃごちゃ言わず、俺はやる。そしてやるからにはとことん!自由に、やりたいことをどんどんやる人生。何かに迷った時、そっと背中を押してくれる一冊。

  • 伝説の自伝。
    嘘のようで本当の話らしいです。

    すげえ。

  • 類まれなるナルシスト。
    そんな生き方をしてみたい。

  • 著者のように、自分をアピールする能力に長けている人は生きていく上でとても得だよな、と自分をアピールする能力に長けていない私は思う。女性にだらしがない部分には共感できないけれど、常識にこだわらず突っ走る生き方はカッコいい。ビジュアル的にはそれほどカッコ良くは見えないけれど、突っ走る姿が女性を魅了するんだろうな。

  • この人の大胆さ!好き。
    自画自賛しまくり!あたしもまだまだだわって思いまっす!

全13件中 1 - 10件を表示

浜田成夫の作品

自由になあれ―三代目魚武 浜田成夫 (角川文庫)に関連する談話室の質問

自由になあれ―三代目魚武 浜田成夫 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする