世界が終わっても気にすんな俺の店はあいている (角川文庫)

  • 57人登録
  • 3.37評価
    • (5)
    • (1)
    • (20)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 戸田 ツトム 
  • 角川書店 (1995年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041836040

世界が終わっても気にすんな俺の店はあいている (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三代目魚武浜田成夫。NHK教育TVに登場していた頃は、大塚寧々さんと仲よくおしゃべりしていた。影響をうけたモノは少年ジャンプと言い放つ。強烈な個性は、どこに向かうのかと、気にかかっていた。ストレートすぎる言葉の数々。成夫という命名の由来は、父がアウトでは無く、セーフになれ!という事からきていると言う。玄関先に野球のホームベースが置いてあり、毎日、セーフとして踏んでいたという。

  • 「池田」がなんだか意味深。「耳鳴」はすごくえろい。巧妙、なのかもしれない。

  • 青春時代の迷い2

  • 1995.9.16

全5件中 1 - 5件を表示

三代目魚武濱田成夫の作品

世界が終わっても気にすんな俺の店はあいている (角川文庫)はこんな本です

ツイートする