惑星P‐13の秘密 (角川文庫―ニュースタンダード・コレクション)

著者 :
  • 角川書店
3.13
  • (1)
  • (2)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 54
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041844014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館をぶらぶらしているような気持ちになる。空間がねじ曲がるというか、数多の世界?の存在可能性に、高する。ただの文字なのに。

  • 本を読む人読まぬ人とかくこの世はままならぬpart2より

  • 入手方法:忘れました。定価でなかったことだけは確かです。

    ことばというものの持つ可能性/危険性をとことんまで突き詰めた作品です。
    ことばがごく短時間で変容する可能性、ことばが存在しない可能性。
    今のことばの存在が含むさまざまな要素の組み合わせは、ほとんど奇跡なのです。
    パロディが大きな役割を果たすことの多い高橋源一郎作品ですが、これはパスティーシュの色合いも強いかと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1951年生まれ。81年、『さようなら、ギャングたち』で群像新人賞長篇小説賞を受賞しデビュー。三島賞、伊藤整文学賞、谷崎潤一郎賞他各賞を受賞。近著に『一億三千万人のための『論語』教室』他多数。

「2021年 『「日本」を読む(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋源一郎の作品

ツイートする
×