見仏記 (角川文庫)

  • 角川書店 (1997年6月1日発売)
3.69
  • (119)
  • (117)
  • (255)
  • (6)
  • (2)
  • 本棚登録 :1083
  • レビュー :141
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041846025

作品紹介・あらすじ

小学生時代から、詳細なスクラップブックを作ってしまうほど、仏像に魅せられてしまったみうらじゅんが、仏友・いとうせいこうを巻き込んで、二人の"見仏"珍道中が始まった!セクシーな如意輪観音に心を奪われ、千手観音のパフォーマンスに驚愕し、十八神将像の逆立った髪型を考察する。さらに、みやげ物にまで、目配りを怠らないという、充実ぶり。抱腹絶倒の見仏珍道中記、待望の文庫化。

見仏記 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半は比較的行ったことのある場所だったので読みやすかった。行ったことのない場所でも、二人の仏像に対する想いと表現が面白すぎて、いつか見に行きたい!と思わせてくれる。

  • 仏像って面白い!が紙面いっぱいにひろがっている本。東北の仏像が見てみたくなりました。みうらさんの仏像への愛と、それを微笑ましげに眺めるいとうさんがイイ。ラフな感じのエッセイなのに深い。仏像の見方を教えてもらった気がします。

  • なんで今まで読まなかったんだ?!
    と後悔する面白さ。
    約20年前から続く見仏記。
    いとうさんとみうらさんの友情もさることながら、二人の知識と観察眼に脱帽です。
    絵付きの注釈もついていて、とても分かりやすい。
    いとうさんが仏像に恋に落ちる場面、初恋のようにドキドキしました。

  • 黒石寺すごい

  • 五劫思惟阿弥陀仏!自分で結構な仏好きだとはおもっていたが、さすがに仏マニアは違う。面白かった。

  • たまたま「TV見仏記」を見てツボったので文庫も読んでみる。
    みうらじゅんさんは「宝島」で4コマ書いてた頃から好きだし、いとうせいこうさんはシティボーイズのコントで好き。つまり私にとって夢のコラボ、馬場と猪木がタッグを組んだようなものである。
    でもこれはやはり「TV見仏記」、つまりみうらじゅん主導のほうが面白いなぁ。
    まあ、仏について文章で書くとくだくだしい説明をしなくちゃならないのでしょうがないところであるが……。いとうさん、真面目なんだよな(笑

  • 仏像めぐりの参考として


    興福寺、東大寺、法隆寺、中宮寺、法輪寺、法起寺、松尾寺、六波羅蜜寺、東寺、三十三間堂、東北の慈恩寺、立石寺

  • いとうせいこうって頭いいなぁと思いました。
    見仏で話がここまで膨らむとは。
    みうらじゅんの絵も、彼独特な捉え方や、仏像愛か滲み出ていて素敵でした。
    私も仏像とか寺とか好きなので、九州から東北まで、仏像を見に旅したいです。

  • みうらじゅんといとうせいこうが仏様を見に行く。
    それだけでも、一筋縄でいかないのがわかりますが、当然そうなります。
    ただ、この本からわかるのは、仏様をどう見てどう感じるかは、ひとそれぞれでよい、ということでしょう。
    仏様の持つ意味はもちろんあるわけですが、それをどのように自分の中で解釈し、消化していくかは個人任せだと思うのです。

全141件中 1 - 10件を表示

見仏記 (角川文庫)のその他の作品

見仏記 (角川文庫) Kindle版 見仏記 (角川文庫) いとうせいこう
見仏記 単行本 見仏記 いとうせいこう

いとうせいこうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

見仏記 (角川文庫)に関連する談話室の質問

見仏記 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする