見仏記 (角川文庫)

  • 角川書店
3.70
  • (125)
  • (125)
  • (258)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 1155
レビュー : 151
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041846025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  いますぐ、奈良京都に飛んで行きたい。
    これは現地で実際に見てみないといけない気にさせる。
    読み進めるか、チャンスがあるまで温存するか迷う。

  • 仏像に興味を持っていることを確認した本だと思う。

    高校生の時にハードカバーを読み、改めて文庫で揃えた作品。
    みうらじゅん氏といとうせいこう氏のなんとも言えない掛け合いが”見仏旅”を盛り上げてくれる。

  • 何年ぶりかで再読してみて、案の定、内容についてすっかり憶えていなかった。
    だがしかし、私のまだまだ僅かな見仏経験と、本による多少の知識などを得た今、再び読むことで、リアリティあるイメージの出現と、「共感」という名のグッとくる感情の波が押し寄せた!
    これは確かに、自分自身の成長なのだ。えっへんっ。

    一番の再発見◎ 私が東寺・金堂で魅かれてしまっ日光菩薩&月光菩薩、いとうさんもあの月光菩薩に惚れていたんだっ!!
    私がエレガントと表現したことと、いとうさんが感じた官能的な憧れは、きっと一緒なんだっ!!(と思い込むことにしたww)
    いとうさん曰く『巨大って、威圧するだけのものじゃないんだ、きっと、包まれちゃうんだよねえ。』(そうそう、包まれた~い♡)


    二番の再発見◎ 仏像が多面多臂であったり、耳がやけに大きかったり、腕が異様に長かったりとかの諸々。
    超人であるが故には、背負っている光背もステージも、ケレン味が大事なのだな、うんうん。
    映画でも小説でも仏像でも、所詮フィクションの世界なのだよ。
    だから、救われることもあるのだろう。その中に、しっかりとした魂があれば。


    三番の再発見◎ 二人の対比としては─みうらさんは絵を描く人なので、たった今、目の前に見えているものに集中して語る。その姿は、クールでもあり温かくもあり慈悲深い。(仏像を、現世のロックスターやアイドルになぞってしまう癖ありww)
    いとうさんは文章を書く人なので良い意味で観念的、しばしば頭の中でイメージが暴走している様が素敵(〃∇〃)
    いとうさん曰く『過去が真っ白に感じられるほど記憶の薄い私と、脳にびっしりと書き込みがしてあるようなみうらさん…』なんと文学的な表現♪

    四番の再発見◎ 巻頭の、みうらさんが小学生時代に作っていた”仏像スクラップブック”のちっちゃな字を読むと、涙が出そうになっちゃう。
    大人になっても、きっとあのころのイノセントな”じゅん少年”は、ずっと生き続けているのだろう。

  • 言わずと知れたおもしろ見仏のバイブル。おもしろおかしいのに、バカにしていることはなく、仏像への愛情がほとばしっている。みうらじゅん&いとうせいこうの絶妙組み合わせも最高。

  • 10年ぶりくらいで再読。
    変わらない面白さ。
    信仰とか教えとか、そんなことに関係なく物欲的に仏を求めているところが良い。こんだけ魅力的な仏像が居るってだけでももうここは浄土だよ。

  • 奈良から帰ってきて以来、新薬師寺のことばっかり考えている。毎日通いたい。いっそ住みたい。叶うならあの十二神将立像の真ん中に体育座りで座ってみたい。あの円の中は宇宙だと思う。きっと宇宙があるんだと思う。

    ということで再読してみた見仏記。数年前に読んだときより数十倍楽しく感じたのは私も仏像に恋をしてしまったからなのかしらね。

  • 私の仏像巡りの原点。
    こんなゆるい感覚で仏像観に行っていいんだっていう。

  • 見仏記シリーズ大好きだ。いとうせいこう、みうらじゅんと一緒に寺を巡っていると突然2人が巨大化したため私は「大仏サイズ!カッコイイ!」と叫びながらカメラのシャッターを押しまくる、という夢を見たくらい好きだ。

  • みうらじゅんもいとうせいこうも仏像も好物なのでわくわくして読んだのですが、思ったよりも仏像そのものよりもせいこうさんの考察とかみうらじゅんのセリフや奇行に内容がぶれてて、面白いときは面白いんだけど、うーんそんなことどうでもいいんじゃ?とかつい思ってしまう箇所も…。
    まあでもそういう読み物だと思わずに私が挑んだからかもしれないけれど。特に最初のほうはとっちらかってるかんじ。だんだん回を重ねると面白くなってくるんですが。

    東北は仏像はうろおぼえで彫ってるからパースが狂ってるとか、信仰されてる仏像ほど真っ黒とか、お互いの惚れた仏像に関してしんみり語るところとかは爆笑しましたが。

    みうらじゅんのイラストは愛を感じます。

  • 198夜

全151件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

いとう せいこう
1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。『ノーライフキング』でデビュー。『ボタニカル・ライフ ―植物生活―』で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『ノーライフキング』『鼻に挟み撃ち』『我々の恋愛』『どんぶらこ』『「国境なき医師団」を見に行く』『小説禁止令に賛同する』など。

見仏記 (角川文庫)のその他の作品

見仏記 (角川文庫) Kindle版 見仏記 (角川文庫) いとうせいこう
見仏記 単行本 見仏記 いとうせいこう

いとうせいこうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする