見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

  • 角川書店
3.59
  • (43)
  • (39)
  • (130)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 467
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041846032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見仏記第二段。
    絶版なのか取扱いがほぼなく、取り寄せしました。
    人は内側から自らを彫っていく、みたいな文句があり、良い言葉だなと思った。
    ふざけているようで、いつでも真剣に仏像と向き合う二人。
    いつか見仏しているお二人に会いたい。

  • 前任の担当編集者とは離れて私用で二人きりの見仏をしていたが、ひょんなことからホモ疑惑が沸き起き、その否定のために見仏企画を再開。今回は目黒や新宿(文庫版特別付録)といった都内の仏から滋賀、佐渡といったちょっと地味な志向に走ってるように見えますが、二人の絶妙なやり取りも安定感を見せ始め、長期シリーズ化の盤石というか「ザ・スライド・ショー」とオーバーラップして見えます。
    一冊目で虜になった方は、是非ともオススメです。

  • 初めて読んだ時の衝撃と涙を流して大爆笑したことを
    今もって忘れることができない。
    祖母が私の姿を見て不思議がっていたことも忘れない。
    みうらじゅんといとうせいこうと、三人で見仏に行くのが夢だった。

  • -

  • この本に出会って、京都・奈良にもっと×②行きたくなった。いとう・みうら両氏による絶妙な仏像の見方は、誰にもまねできまい。そして仏像のカッコよさに誰もが魅せられる。

    シリーズ化されて何冊も発行されているが、親孝行篇は両氏のご両親がこれまた面白い。抱腹絶倒間違いなしです。

  • 仏像愛好家の必読書、見仏記の第2弾です。今回は、仏像的にはちょっと地味。奈良仏を中心に愛好している私には、ちょっと馴染みのない仏たちですが、この本のお陰で見たことあるよーな気になる不思議。

  • 「仏友編」は悶えどころ満載です。

  • ホモ疑惑と戦いながら(?)友情を流行らせようとがんばる2人がちょっとうらやましくなります。相変わらずのおもしろさ。

  • 仏友コンビ復活!二人の、炸裂する感性は健在だ。庶民的アングルで見る仏像の姿は、ヒーローそのものでしかあり得ない。知善院「てゃーこーさんの御寺」を読んで、私は身体が震えるほど笑わせてもらった。見仏記、待望の第二弾。

著者プロフィール

いとう せいこう
1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。『ノーライフキング』でデビュー。『ボタニカル・ライフ ―植物生活―』で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『ノーライフキング』『鼻に挟み撃ち』『我々の恋愛』『どんぶらこ』『「国境なき医師団」を見に行く』『小説禁止令に賛同する』など。

見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)のその他の作品

秘見仏記 単行本 秘見仏記 いとうせいこう
見仏記2 仏友篇 (角川文庫) Kindle版 見仏記2 仏友篇 (角川文庫) いとうせいこう

いとうせいこうの作品

ツイートする