見仏記〈3〉海外編 (角川文庫)

  • 角川書店
3.45
  • (22)
  • (22)
  • (95)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 325
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041846049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつもの二人が今回は海外へ!
    行ってみたいと思っていたところも、全く知らないお寺も。
    スケールの大きな大陸では移動が大変そうでしたが、いつも通りたのしくわいわい見物です。
    日本から遡って仏像のルーツを探るような旅はわくわく、ミステリーの謎が解けていくような面白さがありました。

  • 海外の仏像はスケールが大きい!最初にまず圧倒されそうですね(1枚だけ掲載されていたタイの巨大仏像の写真もすごかった)。
    道中の様子も、海外篇らしくて(旅感が強くて)とても面白かったです。いとうさんの文章を通して、現地の空気に少しだけ触れられたような気がしました。

  • 面白く読んできて3冊目。ついに2人は海外へ。
    韓国、中国、インドと仏教伝来を逆コースで行く。
    2人の視点はあくまで仏像へと注がれているわけだけど、韓国で豊臣秀吉のことで嫌みを言われたり、インドの少年に心を痛めたり、仏像愛だけでないものも感じさせてくれる。最後の友情を告白するみうらさんに感動すらする。
    でも、やっぱり独特の感覚でインドの仏像から日本の仏像のルーツを見いだしてくれる。それは教科書的なものでは全然ない。だけど、体験からくるものからなのか妙にしっくりと心に入ってくる。
    次はどこに行くのだろう。楽しみだ。

  • 仏像を見るためだけに、地の果てまでも出かける、いとう&みうら両氏。さすがに外国まで見仏に行くのは、並みの見仏人にはできないです…。見仏記シリーズは実は、別宅に置いてあるので、内容もちょっとうろ覚え。個人的にはタイの人気坊主雑誌がツボ…。

  • インドの仏のカラフルさと迫力にたじたじ(著者も)。

著者プロフィール

いとう せいこう
1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。『ノーライフキング』でデビュー。『ボタニカル・ライフ ―植物生活―』で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『ノーライフキング』『鼻に挟み撃ち』『我々の恋愛』『どんぶらこ』『「国境なき医師団」を見に行く』『小説禁止令に賛同する』など。

見仏記〈3〉海外編 (角川文庫)のその他の作品

見仏記3 海外篇 (角川文庫) Kindle版 見仏記3 海外篇 (角川文庫) いとうせいこう
見仏記 海外篇 単行本 見仏記 海外篇 いとうせいこう

いとうせいこうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ほし よりこ
村上 春樹
いとう せいこう
いとう せいこう
宮部 みゆき
三島 由紀夫
みうら じゅん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする