リンウッド・テラスの心霊フィルム―大槻ケンヂ詩集 (角川文庫―ニュースタンダード・コレクション)

著者 :
  • 角川書店
3.65
  • (35)
  • (16)
  • (70)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 275
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041847015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「恋人よ逃げよう 世界はこわれたおもちゃだから!」
    が最高。

    「ステキね」とほほえむ
    君が ふるえてる

  • 何故か、この著書だけ【大槻ケンジ】表記…

  • 大槻ケンヂのGrotesqueながらもpureな詩たち。

    死の対義が生ならば
    生の対義が死である。

    ひとつひとつがアタマに響く。

  • 染み込むような言葉がここにあった。いまでもある。握り締めて歩くために文庫本がいい。天才の技。

  • 独特。

  • 内容は「花火」の方が充実しているけど、あちらは装丁が懲りすぎて読みにくく文字が頭に入ってこないのでこっちのほうが好き。

  • 筋肉少女帯の歌詞が多いけれど、書下ろしもあります。

  • 大槻ケンヂさんの処女詩集。
    既存曲の歌詞が多いですが、改めて読むと新たな発見ができたりします。
    歌詞と思って読まずに詩と読むことによって、何か違う物のように感じることができるかも。

  • 読んだ中のいくつかは歌を聞いたことがあったので微妙に歌の方とは違っていたところが嬉しかったり…語りのところとかも書いてあって新発見のような部分もあったり…。おもしろかった、すき。でもなんか読んだ後の気分は悲観的になりがちかもしれない。

  • 初めて素直に読めた詩集о嗚呼、そんな気持ちに成るもんだよね!って思ったり、所々の大槻節に感動したりо必携о

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年東京都生まれ。82年ロックバンド「筋肉少女帯」ボーカルとしてデビュー。その後もロックバンド「特撮」でも活動。その特異なキャラクターは音楽だけにとどまらず、映画、テレビ、小説やエッセイなど多岐にわたる分野で人気を集める。著作「くるぐる使い」「のの子の復讐ジグジグ」は2年連続で星雲賞を受賞。また『グミ・チョコレート・パイン』シリーズのほか『ロッキン・ホース・バレリーナ』『縫製人間ヌイグルマー』『いつか春の日のどっかの町へ』など著書多数。

「2017年 『サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リンウッド・テラスの心霊フィルム―大槻ケンヂ詩集 (角川文庫―ニュースタンダード・コレクション)のその他の作品

大槻ケンヂの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大槻 ケンヂ
有効な右矢印 無効な右矢印

リンウッド・テラスの心霊フィルム―大槻ケンヂ詩集 (角川文庫―ニュースタンダード・コレクション)に関連する談話室の質問

リンウッド・テラスの心霊フィルム―大槻ケンヂ詩集 (角川文庫―ニュースタンダード・コレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする