のほほん雑記帳(のおと) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.44
  • (32)
  • (54)
  • (163)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 540
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041847046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 35541

  • 自伝的エッセイに加え、書評なども含む、ごった煮エッセイ集。

    いくつか読んでみたい本も見つかる。最近、「赤毛のアン」が面白いという話が出てきたのが2回目。最初は、深夜の馬鹿力。原書で探してみるか。デビルマンも昔読んだのだが、改めて読んでみたい。

    (108)

  •  ちょうどオールナイトニッポンPremiumの最終回で、細川ふみえさんが登場し、思い出を語っていたのを聞いた直後に、この本の解説で水道橋博士さんが、細川ふみえさんにオーケンさんにイタ電を掛けさせていたエピソードを語っており、見事に繋がった感じがした。20年前の本なのに、現在もぐるぐる円環しつづけている感じが恐ろしくすらあった。

     若い頃の恋の話が切なかった。いびつで不器用で切ない感じが心に刺さる。

  • 【人生は恐怖だ】

    一寸先は闇。

  • のほほん的生活のすすめ編が面白かったです。オーケンの恋の話がツボです。「女性を慈しみ、愛しく思い、できるならいつも一緒にいたい、共有する時間を一秒でも長くいたい、という、恋愛に不可欠な情感が生まれつき欠けているようなのだ。」というところは、そういうタイプってきっと世の中にいくらかいるのかな、話しててそういう風に感じる人いるものな、と思いました。あと、エロか父性愛かになってしまう、というのは衝撃でした。水道橋博士の解説にもありましたが、描写が切なかったです。

  • 正直一番ハードだと思う。

  • 僕はサブカルかオタクかと言われたらサブカルなんだけど根っからのじゃないのでいつも僕は宙ぶらりんだなってサブカルどっぷりの達人たちを見たり読んだり聞いたりすると思う。

  • 「のほほんエッセイ」
    てか、のほほんっていってる割に、
    刺激ある生活してますよね。

  • のほほんシリーズの始まりというか、大槻作品読んだのはこれが初なんだよなー。中島らも、みうらじゅんとはまた別テイストのゆるコアエッセイ。こんな人とたくさん友達になりたい。

  • オーケンはミュージシャンであり作家でもあるのです。
    読みやすくて、笑っちゃう。
    でも、ときどきセンチメンタル。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年東京都生まれ。82年ロックバンド「筋肉少女帯」ボーカルとしてデビュー。その後もロックバンド「特撮」でも活動。その特異なキャラクターは音楽だけにとどまらず、映画、テレビ、小説やエッセイなど多岐にわたる分野で人気を集める。著作「くるぐる使い」「のの子の復讐ジグジグ」は2年連続で星雲賞を受賞。また『グミ・チョコレート・パイン』シリーズのほか『ロッキン・ホース・バレリーナ』『縫製人間ヌイグルマー』『いつか春の日のどっかの町へ』など著書多数。

「2017年 『サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大槻ケンヂの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大槻 ケンヂ
いとうせいこう
大槻 ケンヂ
大槻 ケンヂ
有効な右矢印 無効な右矢印

のほほん雑記帳(のおと) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×