のほほん人間革命 (角川文庫)

著者 :
制作 : 石田 徹也 
  • 角川書店
3.36
  • (16)
  • (34)
  • (123)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 371
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041847060

作品紹介・あらすじ

幻覚サボテンに下着パブ、タンキングにUFO、盗聴、占い、左翼弁護士からチャネリングファック、そして、おっかけまで、「のほほん人間革命」というテーマ(?)をひっさげて、わがままな膝小僧・オーケンが好奇心のおもむくままにディープに迫る、突撃体験取材エッセイ!魑魅魍魎が跋扈する大笑いとビックリの世界へようこそ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「のほほんエッセイ」
    ドラッグ、下着、UFO、盗聴、セックス、
    どこがのほほんやねん。いまじゃ違法な話多い。

  • ビレバンに置いてそうな内容。

  • 好きですオーケン

  • 「のほほん人間革命」3

    著者 大槻ケンヂ
    出版 角川文庫

    p45より引用
    “一見まるで正反対のこの二つだが、
    実はある部分で共通した点を持っている。
    来るべき未来を暗黒の日々だと想定している点においてだ。”

     ロックミュージシャンである著者による、
    世の中の多少怪しげな事に挑戦する体験記。
     下着パブへ行ったり弁護士と対談したり、
    楽しくて面白そうな体験が目白押しです。

     上記の引用は、
    刹那主義と大人になることについて書かれた一文。
    暗黒の日々だと想定していると書かれていますが、
    明日の事もそれほどわからないのだから、
    それが普通なのでは無いでしょうか。
    刹那主義も大人になることも、
    不安や恐怖からの逃避願望だとも書かれています。
    世の中は逃げまくった結果で出来ているのかと思うと、
    随分気が楽になる考えではないでしょうか。
     ノンビリと楽しそうですが、
    読んでみるといかがわしさがプンプン匂う一冊です。
     解説をと学会会長・山本弘氏が書かれています、
    UFOの話つながりなのでしょうか。

    ーーーーー

  • のほほん、と物凄い狂気。コミカルなエッセイではあったけれど、人間ってまじ怖いなあとしみじみおもわされた。

  • オーケンの文章はついていけないwステージだけでいいや

  • 作者のアングラ・カルト好きを色濃く出した一冊。みうらじゅんと別な色で勝負したいなら、このやり方だわな。コアネタ盛り込んだ脱力エッセイ。

  • オーケン(大槻ケンヂ)自身、「この本、面白いよ」と言っちゃった作品。自身の体験・対談をまとめた本となっている。幻覚サボテン体験では体張ってる。無類のUFO好きのオーケンだが、この本ではUFOの正しい楽しみ方を教授してくれる。

    色々やってるなぁオーケン。

  • UFO対談が面白かった。学生ぽい感じ。

  • もう盛り沢山。
    ペヨーテを食べたりUFOを信じてる人を考察したり。愚息が昇天したり←この表現好き
    初オーケンですがはまって読みこんでしまいました。現実世界の何と奇異たるものよ。

全28件中 1 - 10件を表示

のほほん人間革命 (角川文庫)のその他の作品

のほほん人間革命 単行本 のほほん人間革命 大槻ケンヂ
のほほん人間革命 (角川文庫) Kindle版 のほほん人間革命 (角川文庫) 大槻ケンヂ

大槻ケンヂの作品

のほほん人間革命 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする