ステーシーズ―少女再殺全談 (角川文庫)

著者 : 大槻ケンヂ
  • 角川書店 (2008年3月25日発売)
3.78
  • (83)
  • (79)
  • (89)
  • (26)
  • (1)
  • 744人登録
  • 74レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041847176

作品紹介

近未来、いかなる存在の意志によるものか?15歳から17歳までの少女たちが突然、世界中で狂死を始めた。少女の屍は立ち上がり、人肉を求めてさすらう無数の大群と化す。屍少女"ステーシー"殱滅のために完全武装の再殺部隊が組織されるが、戦いは血まみれ、泥沼の様相を呈し、涙は枯れ、心は凍りついていく…。大槻ケンヂの音楽も含めた全作品の中でも、最も狂気性に満ちた名作に、外伝2編を加えた完全決定版。

ステーシーズ―少女再殺全談 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 元ナゴムギャルのワタシの意見として、筋肉少女帯の『ステーシーの美術』は傑作だと思うし、その中の「再殺部隊」、「リテイク」は名曲だと思うし、長田ノオトのコミックス版も読んでいたが、この本は積読したままになっていた。筋はわかっていたが、終章で世界がこういう風になったとは…。正直途中まではおもしろくない、と、思っていたが、よかった。文体がオーケンの歌詞そのままなので、歌の合間に入る「語り」のように何故かオーケンの声で脳内再生されてしまう(笑)。

  • うーん、なんかただのグロい文章にしか思えなかったな…嫌いじゃないんだけどな…

    オモイデ教と違って登場人物が多すぎるのと、それぞれのキャラがあんまり立ってないからかな…

  • "ロコ!思うままに"を読んで、他の作品にも興味がでて買ってみた作品。
    偉そうなことは言えないけど、読んでみて、
    人間の狂気と、狂気ではごまかしきれない弱さが描かれているのが
    とても面白いと思った。
    恐怖やグロテスクも全部ひっくるめて、
    最高にロマンチック。

  • 不道徳なのに、美しくてどこか切ない。ひっそりと映画化されていたり。

  • オーケンの著作を読むのは初めて、彼は音楽が本業だと思っているので特に期待もせずに読みましたがやはり可もなく不可もなくといった作品でした。
    B級映画を見ているような、作品としてはバトル・ロワイヤルや山田悠介作品に近いものを感じました。
    何となく偏見かもしれないけれど、作家業が本業ではない人が小説を書こうとするとスプラッターやグロ系に走りやすい傾向があるのではないかなあと思いました。
    少女再殺、その中に人の愛だとか、抗いようの無い運命に巻き込まれる人間だとかを書こうとしたのだろうし、ただのグロでは終わらせない正統性を保持するためにそのようなエピソードを投じたのだろうけれど、いかんせん文章力が稚拙でうまく書き切れていない感は否めませんでした。

  • 誰かに殺されたいと思っている女子は読むべし。

  • うーむ、、、どうしてもB級エンタメホラー感が抜けずな印象でした。もっと激烈な狂気と病みが必要なんじゃないかなあと思いましたが商業誌での連載だったということでこのくらいがちょうど良かったのでしょうかね。。。

  • こういう耽美というか、雰囲気系小説はもう年齢的にも響かないのかもしれない。いや、もともとあまり得意ではないか。15〜17歳少女がゾンビになってしまう世界、ちーと都合が良すぎると思ってしまう自分が穿ってて残念。

  • 切ないゾンビ物

  • 8/21 読了。

全74件中 1 - 10件を表示

ステーシーズ―少女再殺全談 (角川文庫)のその他の作品

大槻ケンヂの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウラジーミル ナ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

ステーシーズ―少女再殺全談 (角川文庫)に関連する談話室の質問

ステーシーズ―少女再殺全談 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする