火の鳥 2未来編 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (1992年12月8日発売)
3.98
  • (119)
  • (60)
  • (120)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 808
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・マンガ (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041851029

作品紹介・あらすじ

永遠の命とはなにか。不死の〈火の鳥〉を軸に、人間の愛と生、死を、壮大なスケールで描く。天才手塚治虫が遺した不滅のライフワーク。各巻カラーイラストの表紙、巻頭に十六頁カラーを掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間とは何か?生命とは?進化とは?宇宙生命の火の鳥は人間の進化を何万年、何億年も待つ。そう火の鳥でさえ万能でないのだ。なんと孤独なのだろう。ただ見守るだけの存在なのか?「今度こそ信じたい。今度の人類こそきっとどこかで間違いに気がついて。。。生命を正しく使ってくれるようになるだろう。。。」

  • 西暦3403年。環境破壊で地球は荒れ果て、人類は巨大なメガロポリスを地下に形成し生活していました。最後に残った5つの都市もマザーコンピューター「ハレルヤ」の命令で互いに争い、核爆弾を使い合って消滅してしまいます。何とか動物を作り出そうと実験を繰り返す猿田博士の努力もむなしく、成功に終わることはありませんでした。たった一人生き残った主人公マサトは、火の鳥に永遠の命を授けられ、壊れゆく地球の行く末を見守ることに…。震災で放射能の目に見えない恐さに触れた今読むと、とても恐ろしいです。

    人為的に生命を作り出すことが、どれだけ難しいのか。
    永遠に生きるとはどういうことなのか。

    何万年も生きる中でマサトの体は消滅し、意識だけが残り、コスモゾーン(宇宙生命体)になっていきます。神の様な存在になっても彼自身が生命体を作ることは叶いませんでした。地球では、全ての生命体が一度滅亡したと思われた後、また古代の生命体が誕生し、過去をなぞる様にその進化が続きます。哺乳類が再び誕生するシーンではマサトと一緒になって感動していました(笑)繰り返される時間でニーチェの永劫回帰を連想しましたが、一部の登場人物が輪廻転生をしているからまた違うんでしょうか。

    黎明編→未来編の時間軸だと思っていたので、ラストまさかの未来編→黎明編の流れに本当に吃驚しました。ということは猿田彦が蜂に刺されたせいでその子孫の猿田博士の鼻も大きかったというわけでは無いんですね!!猿田博士が鼻が大きかったから、黎明編の猿田彦も蜂に刺されて鼻が大きくなったんですね…!!輪廻転生恐すぎます…!

    • まろんさん
      歴史に残る名作ですよね!

      人の世の無常とか、人間の業とか、いろんな問題を突きつけられて
      初めて読んだときには、ショックの余り熱を出しながら...
      歴史に残る名作ですよね!

      人の世の無常とか、人間の業とか、いろんな問題を突きつけられて
      初めて読んだときには、ショックの余り熱を出しながら読み漁ったものです。
      そうそう、未来編から黎明編につながる構成にも、本当に驚かされました!
      壮大なスケールで世界を俯瞰しながら、ちいさな人間のささやかな営みも丁寧に描く、
      手塚治虫さんは、本当にすごい漫画家でした。
      2013/01/01
    • きりんさん
      まろんさんコメントありがとうございます!
      そして遅ればせながら明けましておめでとうございます(*^^*)
      去年はまろんさんのおかげで素敵な本...
      まろんさんコメントありがとうございます!
      そして遅ればせながら明けましておめでとうございます(*^^*)
      去年はまろんさんのおかげで素敵な本に出会うことができました♪
      こちらこそ今年も素敵なレビューを読めるのを楽しみにしております…!

      実は近々手塚治虫記念館に行くことになりまして、火の鳥は読んでおいたほうがいいだろうと
      軽い気持ちで手にとったのですが…あっという間に壮大な世界観に飲みこまれました…!
      大きな歴史の中で人間一人一人の存在がどれだけ小さなものか思い知らされると同時に、
      短い一生の中で生きる意味とは何なのか、深く考えさせられました…。
      もっと思春期の頃から読んでおけば…(>_<)笑 
      今この漫画に出会えたことに感謝してじっくり読み進めていこうと思います!
      2013/01/10
  • 2012年11月30日読了。「未来編」を収録。滅亡が近づく近未来の地球では、人類は5つの地下都市「メガロポリス」で生活していた。マザーコンピュータ「ハレルヤ」の指示により「ヤマト」を追われたマサトは、奇妙な鳥からのメッセージを受け取り地球の滅亡を見守ることに・・・。縄文・弥生時代の日本を描いた「黎明編」からいきなり絶望的な未来世界を舞台にするこの展開、リアルタイムでこの「火の鳥」シリーズを読んでいた人々はさぞ衝撃を受けたことだろう。気の遠くなるような年月を経てまた「黎明編」につながる構成ということで、ひょっとしたら手塚的には「黎明編」「未来編」のセットで火の鳥サーガはいったん終わってもよかったのかも、と思ってみたりもする。ある意味シリーズのテーマが露骨に出ている分、火の鳥の中ではお話としての面白さ・満足感は低いエピソードかも。

  • 「未来編」文庫版。担任が「黎明編」とセットでくれた。世界全面核戦争の中、死ねない身体になった主人公の苦悩を描いた作品。「黎明編」では永遠の命を求め死んでいった者たちを通じて生命を描いたが、「未来編」は永遠の命を持った人間から生命を描いた作品。二つのコントラストの中から「火の鳥」が見えます。

  • 1巻なかったので2巻から。AIが話題になっているので、人工知能が興味深かった。人工知能に政治や法律まで委ねてしまっている未来。
    と思ったら、一気にスケールが大きくなり。人類を俯瞰した視線に考えさせられる。

  • 生きるとはということは、なんて不思議なものなんだ。なぜおれは生きものの業を背負って苦しまなければ

  • 未来編。西暦3404年の未来の話。不老不死を求めてあまたの人が火の鳥の生き血を求めては思い敗れる中、マサトは火の鳥に選ばれ永遠の命を与えられる。マサトの肉体がなくなってから生物が再び登場する件は圧巻。

    小学生の頃に読んでいたけど、衝撃度は大人になった今の方が大きいかも。これはフィクションなんだろうけど宇宙の真実なのかもしれない・・・。

    また十年後くらいに読み返したい。

  • ここまでスケールが大きすぎると気持ちがよい!すごい!火の鳥はこういうSFっぽい話が好きだな。培養ケースから外に出るとすぐ死んでしまう、もろい人造生物が心に残った。

  • 未来編。
    まさにこれが集大成。

    火の鳥シリーズの21世紀以後の話は、昭和くささのあるSFちっくでちょっと笑ってしまうけれど、公害や地域紛争なんどで環境破壊が取り沙汰されはじめた時代背景を反映してるのだろうな、と思う。

  • ふかい 永い

全60件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

火の鳥 2未来編 (角川文庫)のその他の作品

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

火の鳥 2未来編 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする