火の鳥 (7) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.77
  • (48)
  • (37)
  • (85)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 551
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041851074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 乱世編[上]。平家物語。
    冒頭の猿の赤兵衛と犬の白兵衛の話がセリフは少ないもののインパクト大。

    『この世に種族がある限り その種族の生きる道は
    権力の座を争うほかないのだろうか』

  • 平氏と源氏の時代
    年老いた我王が登場するので鳳凰編の続きのような感じ
    中途半端な終わり方だなぁ・・・と思ったけど上下巻だったの忘れてた(^o^;)

    鏡の前でポーズをとる孔雀がとってもチャーミング

  • 清盛に最後の心の救い。

  • 盛者必衰……平家物語……

  • 最初の犬と猿のプロローグが本当によい。あの短さで壮大なエピソード。物凄い。

  • 義経がホントっぽい

  • 日本史に詳しかったら
    もっと楽しめそう

  • 7巻8巻 乱世編
    64点

  • 乱世編、上
    木こりの弁太とおぶうが、源平の争いに巻き込まれていく。
    平清盛の人物造形が、人間的な幅があってよかった。

  • 乱世編 上
    内外ともに美とはかけ離れている清盛にほだされていく田舎娘おぶうの心中に共感。

全24件中 1 - 10件を表示

火の鳥 (7) (角川文庫)のその他の作品

火の鳥 (9) (角川文庫) 文庫 火の鳥 (9) (角川文庫) 手塚治虫

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

火の鳥 (7) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする