火の鳥 8 乱世編(下) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.78
  • (48)
  • (35)
  • (82)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 534
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041851081

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一気に読み切った後半。

    当時のアシスタントであった石坂啓によって「手塚先生によって下描きなしに一気に魔法のように描きあげられる見開きの村祭りシーン」と形容されるページはここに登場。弁太とヒノエの出会いの場である。自分としても上述のエピソードをWikipediaでみたのはこのシーンをこれぞ手塚マジックと見入っていた直後だっただけについ嬉しくなってしまった。Wikipediaつながりでは手塚太郎光盛に関するエピソードも秀逸。

    全編を通して人の世の哀しみが貫かれている。あとに残ったのは明雲の弁慶にまつわるアイデアと一部の作品(のちの鳥獣戯画)だけであり、その裏にあった真実がこの手塚さんの描いた世界だったとしたらおもしろ哀しい。時折入れられるギャグもそうでもしなきゃならなかった手塚さんの心情が察せられるようでこれまたちょと哀しい。

    この夏の帰省時にはには鞍馬寺や義仲寺を訪れてみようか。中尊寺もいつか訪ねたい。

  • 何故人間は悲しい大人になってしまうのだろうと、出産して親の立場になってから読んで切なくなりました。このお話の核となる部分はアドルフに告ぐにつながっている気がします。

  • 乱世編[下]

    平家の没落とその後。
    火の鳥は出てこない。
    権力争いに戦ばかりで火の鳥も呆れていたのかな。

  • 弁太が身近な人々を失い続けたのは、誰のせい?
    でも、最期は救い出せたのだろうか?
    鎧兜の時代に連絡手段が電話(笑)

  • 乱世編 下

    長めなだけに、各々の登場人物への思い入れが、読後、ゆらゆらする。
    弁太にも、義経にも、おぶうにも。

    そういえば、「火の鳥による語り」がない。

  • 2012年12月15日読了。「乱世編」の下巻。清盛が病で没し木曽義仲が都へ攻め上り戦乱の様相を呈してきた世の中。打倒平氏のチャンスをつかもうとする義経に従う弁太と、おぶう・ヒノエらの運命は。目的のために手段を選ばず仲間すら犠牲にする義経の冷酷さ、都では暴虐の限りを尽くすが妻の巴御前にはやさしい義仲、戦場で出会った親子のすれ違い、弁太らの壮絶な最期などの印象的なシーンにははじめて読んだ中学生の頃にも、今でも大きな衝撃を受ける・・・。「天下を取ろう」「不老不死を手に入れよう」なんて人間の野心・望みは火の鳥(あるいは、マンガを読む読者)の視点からすれば実にちっぽけで滑稽なものだ。

  • 「斬ったからどうだっていうんだ? 俺のやり方に……
     ケチをつけるやつは たとえ昔の仲間だろうと許しはしないぞっ」

  • 乱世編 下

  • 手塚版源平絵巻。
    火の鳥は出てこない。

  • 弁太が、やさしくてちょっとマヌケな主人公なのでよけいにラストが悲しかった。

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

火の鳥 8 乱世編(下) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする