大洪水時代 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店 (1995年3月発売)
3.77
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041851241

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編集である。
    このタイトルにセンスを感じて買ってしまった。

    どれも読み終わった後に、やりきれない気持ちになる。
    モードの顔はトラウマになるかもしれない。
    強烈だよ。

  • 国防のために作った核要塞が事故を起こして、日本が津波に飲み込まれます。近未来のカタルシスにあふれる物語であり、名作ばかりの初期作品の中でも特にお気に入りの1つです。さらに一緒に収録されている太平洋Xポイントも泣ける漫画です。

  • ノアの箱舟伝説をモチーフにし、近未来の日本を舞台にした短編。短編ながら友情、兄弟愛、親子愛、科学の発達に対する疑問等様々なテーマが織り込まれており、名作と言って良い出来栄えです。

    主人公・海老原鯛二の精神病院入院後の斬新すぎる髪型は必見です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

ツイートする