シュマリ (上) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.63
  • (5)
  • (10)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 68
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041851265

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2/15

  • 寄贈された漫画を借りて読んだ。シュマリの後妻さんが好き。各章の表紙は章の内容を反映させつつ、繋げるとアニメーションになってると知って驚いた。さすが漫画の神様。

  • ※全3巻セット

  • 一時期(1970年代前半)の黒手塚が徐々に緩和されてきて、我武者羅に生きるひとりの男「シュマリ」の生き方に率直かつ真っ当から焦点をあてた作品。代表作のひとつと言っても差し支えないでしょう。その舞台の壮大さ(「動くなあ雲が!どうだこの空の広さ……」)と、登場人物(シュマリ、お峰、妙、太財弥七、ポン・ション、十兵衛…)それぞれの人間的魅力が圧倒的です。

  • こういうのを読んでしまうと北海道開拓史とか会津藩とかそういうものにまた手を出してしまいたくなります。。

  • 文明開化に北海道の土地を追われる民族のお話。

全6件中 1 - 6件を表示

シュマリ (上) (角川文庫)のその他の作品

シュマリ (上) 単行本 シュマリ (上) 手塚治虫

手塚治虫の作品

ツイートする