愛をする人 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (3)
  • (5)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041852019

作品紹介・あらすじ

悠子が一希に出逢ったのは15歳。彼は家庭教師の大学生。まだ、恋の意味もわからない春の日の出事来だった。8年後、再会した2人-年月は少女を女にかえていた。そして、彼には婚約者の優子がした…。2人のユウコの間で揺れる一希。一人のユウコは恋人、もう1人のユウコは愛人という道を選んだ…。恋人のいる人を好きになる、それは罪なことなのでしょうか。決して結ばれることのない愛、切ない愛を綴った恋愛物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏に恋に恋しかけたころに笑 読んだ。

    人間は恋愛感情なしでは生きられへん。

    確信した。

  • これも、むか〜し読んだ本。
    恋愛ものです!!
    切ないです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。作家、心理学者(発達・教育心理学)。高校二年生のときに『1980アイコ十六歳』で当時最年少で文藝賞を受賞。作家としての活動を続けながら心理学者として研究者の道も歩む。写真家の小原玲と結婚後、三人の子を授かる。二番目の子が発達障害(自閉症)。

「2018年 『発達障害だって大丈夫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛をする人 (角川文庫)のその他の作品

愛をする人 (角川文庫) Kindle版 愛をする人 (角川文庫) 堀田あけみ
愛をする人 単行本 愛をする人 堀田あけみ

堀田あけみの作品

ツイートする