われも恋う (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.34
  • (1)
  • (9)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041852040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本をはじめて読んだとき、私は大学生だった。私も花屋でバイトし、恋をしていた。だからこそ、ひとつひとつに何だかキュンキュンした記憶がある。いいね。恋。

  • 表紙の雰囲気から、てっきり女性主人公の話かなと思いきや、ひょんなことから花屋でバイトすることになった、男子大学生の物語だった。
    それも、事ある毎に“自分ルール”(男は簡単に「好き」と言うもんじゃない~とか、軽々しく西洋文化に乗っからない~etc.)で雁字搦めになる、正直ちょっと面倒くさい男である。σ( ̄へ ̄;)ゞ

    そんなわけで、彼に共感できる部分がなかなか無くて…。
    作中唯一ヒロイン視点で語られた「クリスマスの花」の章が、一番読みやすかった。
    あとは、花屋の奥さんのキャラクターが明るくて良かったな♪

    女子はやっぱり、言葉が欲しい生き物だなと。言葉で安心させて欲しいんだな、と。
    主人公のように自称・硬派で男らしさを良しとする人は、まず話したがらないだろうけど…そもそも何で花屋でバイトすることになったのか~とか、なぜ両手一杯のバラの花を贈ろうと思ったのか~とか、“花束+エピソード”をセットにして贈れば、もっとヒロインに喜ばれると思うんだよなぁ。

    男性諸君!そういう気持ち、分かんない?笑

  • 「きみは自分を大事にしすぎちゃっているところがあるよね。大事にしないよりは、大事にした方がいいんだけど、ほかのことも気に掛けてあげて」このセリフが大好き。

  • 花を買いに行きたくなる本。
    お花屋さんでバイトすることになった青年の恋をからめたお話を、季節の花をからめて書かれています。

  • 時々、読み返したくなる本。
    普通の男性の普通の恋愛の話なんですが、その普通さが魅力。
    読後感とてもいいです。

  • ひょんなきっかけから花屋でバイトをすることになった大学3年生の徹青年や花を買いに来るお客さんの、切なかったり優しかったりな“恋する気持ち”。そんな気持ちを、花たちがとても素敵に引き立てる。
    あたたかくて優しい気分で読み終える大好きな作品。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。作家、心理学者(発達・教育心理学)。高校二年生のときに『1980アイコ十六歳』で当時最年少で文藝賞を受賞。作家としての活動を続けながら心理学者として研究者の道も歩む。写真家の小原玲と結婚後、三人の子を授かる。二番目の子が発達障害(自閉症)。

「2018年 『発達障害だって大丈夫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

われも恋う (角川文庫)のその他の作品

われも恋う 単行本 われも恋う 堀田あけみ

堀田あけみの作品

ツイートする