まほうの電車 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.22
  • (2)
  • (2)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041852057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 愛知などを舞台とした作品です。

  • 一気に読んだ。

    堀田あけみさんの

    【まほうの電車】

    名古屋に住んでいたり、

    名古屋に通っている方、

    是非読んでみてください。

    本山とか、

    四谷通りとか

    日泰寺とか、

    大塚屋とか。

    地元の人ら必ずといっていいほど知っている場所が

    随所にあらわれてきて、

    とっても爽快、親近感が湧きます。

    内容は、ひめこの、5歳年下のタツヤとの恋を

    甘酸っぱく描いたものです。

    とっても好きです。

    せつなさ ★★★★★

    恋愛 ★★★★★

    名古屋 ★★★★★

    気になったところ

    「恋愛に一般論はない。それにたとえ九十九パーセントの女性に有効な方法でも、彼女が最後の1パーセントだったら、何の役にも立たない」

    (タツヤの内心)

    ◎確かに。恋愛って、とても個人的なもので、型破りなものが多い。型とか、枠、なんてないんだなぁ。

    「偶然の出会いは、重なると運命と呼ばれるのだ。」

    (ひめこの内心)

    ◎今の自分にずしん、ときました。

    堀田さん、名大生だった!!!教育学部だったみたいです。

    その時点で、とっても親近感。四谷通りを出すのも、わかります。笑

    個人的に、とっても好きになった作家さんです。

  • 堀田さんの本を読むといつも切なくなります。これは、女性が年上という二人のお話・・・。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。作家、心理学者(発達・教育心理学)。高校二年生のときに『1980アイコ十六歳』で当時最年少で文藝賞を受賞。作家としての活動を続けながら心理学者として研究者の道も歩む。写真家の小原玲と結婚後、三人の子を授かる。二番目の子が発達障害(自閉症)。

「2018年 『発達障害だって大丈夫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀田あけみの作品

ツイートする